>> tdkオリジナルグッズ販売中!<<

【再翻訳】メリーさんの電話

再翻訳
スポンサーリンク

アラビア語を使って怪談「メリーさんの電話」を再翻訳したら、メアリーとファトワの話になりました。

YouTube版推奨。

 

 

メリーさんの電話

 ある場所の女の子。
  とあるところに女の子が住んでいました。

 

 あなたはそれが小さいことを除いて、心のファトワです。
  女の子は、小さな頃から人形を大事にしていました

 スメタルドール「メリサン」。
  その人形には「メリーさん」という名前をつけていました。

 私たちの段階では、移籍家族の家族の準備ができています。もちろん、あなたが重病のときに扇動が引き起こされると想定されています。
  あるとき、女の子の一家が引っ越しをすることになりました。もちろん、メリーさんをとても大事にしていた女の子は、それを持って引っ越しをするはずでした。

 そしてそれで、輸送中に、あなたは体から遠く離れたメアリーに会いたいです。
  ですが、引っ越しの最中に、ゴミにまぎれてメリーさんは捨てられてしまいました。

 破壊の書の際に後悔して読んだお父さんたち、
  とても落ち込んでいる女の子を可哀想に思った両親は、

「満足はあなたにとって新しいものです。」
 「新しい人形を買ってあげるから。」

 動物界の終わり、マハダ。
  となぐさめて、別のぬいぐるみを買ってあげることにしました。

 

 そして、あなたが新しい土地に住むとき、あなたは新しい生きている動物の愛の中で死を見つけるでしょう、そして結局、メアリーと呼ばれる悪魔はいないでしょう。
  それからしばらくして、新しい土地での生活にも慣れ、女の子も新しいぬいぐるみを可愛がるようになり、だんだんと、メリーという人形の存在を忘れていきました。

 

 夜の本質は家との会話です。両親がその後家に戻らなかったので、ファトワはターゲットをオンにします。
  そんなある日の夜、家に電話がかかってきました。両親がまだ帰宅していなかったので、女の子が電話に出ました。

「人々」
「…」
「こんにちは、あなたですか?」
 「もしもし」
 「…」
 「もしもし、どなたですか?」

 しかし、意図は沈黙しています。
  ところが、電話は無言でした。

 

 この日の最後の会話をご覧ください。父親たちが家の中で彼らの団結に従う時が来ました。
  また次の日も、電話がかかってきました。きまって女の子が一人で家にいる時に限って、電話がかかってきます。

「人々」
「…」
「こんにちは、あなたですか?」
 「もしもし」
 「…」
 「もしもし、どなたですか?」

 これは反対側から神への声の音です
  今度は電話の向こうから声がしました。

「アナマリ。
 私は今ゴミ箱にいます。」

「何 !?」
 「私、メリーさん。
  今、ゴミ捨て場にいるの。」

 「えっ!?」

 ガシャ…。
  ガチャ…。

 Al-HatefHanakを停止します。
  電話はそこで切れてしまいました。

 

 メアリーは失われたダムの名前です。メアリーのファトワを思い出してください。
  メリーさんは女の子が失くしてしまった人形の名前。女の子はメリーさんのことを思い出しました。

  “私はあなたをゴミ箱に入れます。”
  “今、ゴミ捨て場にいるの。

 ファトワが他人の意識である場合。
  女の子は嫌な予感がしました。

 

 その後、前回はマネージャーのレン・アル・ハテフ。彼が両親から会話をしていると信じている人のファトワを上げてください。
  すると直後、また電話の音が家中に鳴り響きました。またかかってきた…と思いつつも、両親からの電話かもしれないと考えて女の子は受話器をとりました。

「こんにちはエイミー?」
「私はメアリーです。
 今はエリア●●にいます。」
 「もしもし、お母さん?」
 「私、メリーさん。
  今、●●駅にいるの。」

 ジャーシャ。
  ガチャ。

 会話の目的は別の方法です。
  また電話が切れてしまいました。

 ●●死亡が発生した地域に最も近い地域。女の子はますます虚弱になっています。
  ●●駅は女の子が住んでいる所の最寄り駅です。女の子はどんどん不安になってきました。

 警告アルハテフは最後です。
  そしてまた、電話が鳴り響きます。

「ミラッド・サイードが最後です…?」
 「またメリーさんなんじゃ…?」

 あなたがそれが何であるかを知らなければ、ファトワはあなたの両親から反対側に話すのはあなた次第であると信じて、心臓の聴力を増加させます。
  嫌な予感がしましたが、女の子はまた母親からの電話かもしれないと思い、受話器をとった。

「こんにちはエイミー!?
 アルアウダモブカラ!!」

「あなまり。
 ××の前にいます。」
 「もしもしお母さん!?
  早く帰ってきて!! 」
 「私、メリーさん。
  ✕✕の前にいるの。」

 ジャーシャ。
  ガチャ。

 ××はファトワの家から最も近い商人の名前です。
  ××というのは、女の子の家のすぐ近くにあるお店の名前でした。

 

 ファトワは、会話のマスターが最も、最も近づく人であるということです。
  女の子は、いたずら電話の主が次第に、次第に近づいてきている事に気付きました。

 その少女はおびえていました。それが「危険」だとあなたが信じているという事実…。
  女の子は言い様のない恐怖に襲われました。「まずい」と思った女の子は、母親に連絡しようと受話器をとりました。

 

 それなら、あえて当時の魂の中で話さないでください。間違いの方法から会話を考えてください。
  すると、ほぼ同時に電話が鳴ったので、図らずも電話を受けてしまう形になりました。

 ヒアリングからの声を聞いてください…。
  受話器から声が聞こえてきました。

「…父方の叔父…。」
「私はメアリーです。
 私は今、家○○のイマームです。」
 「…はい…。」
 「私、メリーさん。
  今、〇〇ちゃんのお家の前にいるの。」

 ジャーシャ。
  ガチャ。

 ただし、電話はオフになっています。
  そう言って、電話は切れました。

「○○」は名目上のものです。
 「〇〇」は自分の名前。

 

 あなたは程度があなたが振動を止めるのを止めないのではないかと心配しています。名前に言及する限り、ハテフの所有者は家のイマームです。
  女の子は恐ろしさで震えが止まらなくなりました。自分の名前を言った上に、なんと自分の家の前に電話の主はいるのだから。

 言語への恐れ、ファトワへの愛情、心の線、そしてイマームのドアの外に何があるのか​​という問題。
  あまりの恐怖に女の子は電話の線を抜き、玄関から外の様子を伺いました。

 

 太陽が沈むとき、外の世界には誰もいません。饗宴の形で街灯の照明。
  すっかり日が暮れた外には、誰もいません。街灯が道路を不気味に照らし出しているだけです。

 イマームのドアが閉まっているため、生存以外はテストされていないアルファトワ。
  居てもたってもいられなくなった女の子は、すぐに玄関の鍵がかかっていることを確認しました。

 

 それから彼は彼がGharfatiで彼の魂に到達することができるようにレベルに到達しようとしました。
  そして自分の部屋に閉じこもろうと階段に足をかけました。

 

 そして、その瞬間の呼びかけで、ターゲットのラインを締結しなければならないターゲットは誰ですか。
  すると、その瞬間、電話線を抜いたはずの電話が鳴り響きました。

 私の電話は鳴っていないはずです。
  鳴るはずのない電話が鳴った。

 あなたは、今から理解を試すことのないファトワであり、恐れと怒りを持った国です。
 次に、ターゲットに必要です。
  もう訳がわからなくなった女の子は、恐怖と怒りでいっぱいになりました。そして、電話に出ました。

「なんてこった!」
 「あなた何なの!いい加減にして!!」

「私はメアリーです、」
 「私、メリーさん。」

 

 

 

 

 

 

「 私 は 今 あ な た の 後 継 者 で す 。 」
「 今 、 あ な た の 後 ろ に い る の 。 」

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

再翻訳シリーズはこちら

コメント