>> 今週の特集「大阪でワニとサソリを食べる!」

ケンドーコバヤシ「ピンクローター漫談」ネタ書き起こし

企画
スポンサーリンク

 

(ブリーフ一丁で、股間からピンクローターのリモコン部を垂らした出で立ちで登場)

恥ずかしながらァ!帰って参りましたァァッ!!!

戦争に負けたのをォ!知らなかた、知らなかったとかではなくゥ!

衣装的に恥ずかしながら帰って参りましたァァッ!!

 

あーとか言いながらね、こうやってピンクローターぶち込みながら漫談やらせてもろろますれぇ~。

いやーしかしホント大変ですよ。皆さん年末!交通事故を!気を付けてくださいね!

こないだね、私の友人もですねあのバイクで事故っちゃいましてェ!入院しちゃってね!

まぁお見舞い行ったんですけど、今の病院すごいですね!

昔の私たちのね子どもの頃が入院したらね、看護婦さんに用事ある時はね、

「看護婦さーん!看護婦さーん!」て呼ばなきゃダメなのに、

今ナァスコールてね便利なものがあるんですね。

ちょうど枕元にですね、えーあっ、ちょうどね、こんなスイッチがあるのでボタン押したt

(股間に仕込んだピンクローターの電源を入れる)

ハツッッッ!!!ハッ…ハツッ…!ハツッ…!!

ハァッ…ハツッフゥンッ…!ハツッヒフゥンッ…!

彼女のお母さぁん…!何で僕が彼氏じゃダメなんですかァッッ!!!

 

まぁ~なんて言いながらねぇ、こうやってね漫談やらせてもらってるんですけどねぇ~。

(大股でしゃがみこみダブルピースをする)

まちなみにこれは、K-1の天田ヒロミの暴走族時代の写真なんですけどねぇ。

じゃあ今日はですね、ちょっと一曲聞いてください。

(股間から垂らしたピンクローターを振り子に見立てゆっくりと揺らし始める)

 

大きなのっぽの古時計

おじいさんの時計

百年休まずにチクタクチクタク

おじいさんと一緒にチクタクチクタク

今は もう 動かなウィ~~…このとぉ~け~ピンクローターやんコレェッッッ!!!

ねぇホントに!生放送、アクシデント怖いですねぇホントにね!

 

フェ~というわけでね、えー私はねぇ、まぁこんなネタやってますけども。

まぁこんなネタばっかりやってたらお前!せっかく!

レギュラーになった「ちちんぷいぷい」レギュラー落ちしちゃうぞと!思う方はですね!

お手元のスイッチONあぁっはんはんはンッッ…!!!

ハツッ…!!ハツ…!ハッ!ハツ…!!

ハツッ…!ハツ…!!

千夏ぅ…!(メインMCの若槻千夏)

ごめん千夏お前のこと想ってる今オレッ…。

さっきぃ…楽屋ぁ…舞台袖で!笑顔であいさつしてたオレは!紛いモンなんだ!!

そう!これが本当のオレさぁ…!!!

ヒフゥンさっきまでのオレはッ…、フゥンイミテーションなんだぁ!!!

フゥンハツッ…!千夏なぁ…?

フゥン不思議だぁ…フゥンなぜこんな時にぃ…彼女じゃなくて千夏が浮かぶんだろう…?

フゥンお母さんこんな僕を何でダメなんですかッ…!

は…!あッハ!!

あァッちょっとお待ちくださいぃ…!

あとォ10秒もあれば 僕はァ…!

“何とか”することができますゥゥゥ…!

じゅゥ…キュゥ…はァちッ…ナナッ…!

ロクッ…!ヨシつま先を!

ゴ…!スゥゥ ヨン…!

 

あ…ッハ!

 

あ…ッハ!!

 

あ…ッハ!!!

 

あッッ!!!!

 

アァイィィ~~ダァ~~~~~~~~!!!(Aida)

ありがとうございましたァ~。

 

コメント