>> 今週の特集「現実の忍法、ショボすぎる」

理不尽クレーマー視点で読む「昔話 桃太郎」

企画
スポンサーリンク

 

この記事はフィクションです。実在の人物・団体・名称とは一切関係ありません。

 

* * *

 

 

 

昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

ある日、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に出かけました。

 

おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が『ドンブラコ、ドンブラコ』と流れてきました。

「おやまぁ、なんて立派な桃かしら」

おばあさんは桃を拾うと、家へ持って帰りました。

 

おじいさんは桃を見るなり、驚いて言いました。

「おぉ、これは見事な桃だ。切ってみよう」

そうして、おじいさんとおばあさんが桃を切ると、なんと中から男の子が出てきました。

 

「こりゃあ驚いた」

子どもがいなかった二人は、大喜びです。

 

「桃から生まれたから、桃太郎と名付けましょう」

おじいさんとおばあさんは、桃太郎と名付けた男の子を、大切に育てました。

 

* * *

 

桃太郎は、すくすくと育ち、やがて立派な若者になりました。

 

ある日、桃太郎は言いました。

「おじいさん、おばあさん。最近、村には悪い鬼が来るそうです。僕は、鬼ヶ島へ行って、悪い鬼を退治しようと思います」

 

「どれ、それならきび団子を作ってやろう」

「食べると元気が出るからね。気を付けて行くんだよ」

 

二人に見送られて、桃太郎は鬼退治に出かけました。

 

* * *

 

桃太郎が鬼ヶ島へ目指して歩いていると、犬がやってきて言いました。

「桃太郎さん、桃太郎さん。美味しそうなきび団子ですね」

「今から 鬼退治に行くんだよ。ついてきてくれるなら、一つあげるよ」

「わんわん!わかりました。お供になりましょう」

犬は、きび団子をもぐもぐ食べると、桃太郎のお供になりました。

 

桃太郎たちはしばらくすると、今度は猿に出会いました。

「桃太郎さん、桃太郎さん。美味しそうなきび団子ですね」

「今から鬼退治に行くんだよ。ついてきてくれるなら、一つあげるよ」

「わかりました。僕もお供になりましょう」

猿はきび団子をむしゃむしゃ食べると、桃太郎のお供になりました。

 

桃太郎たちはしばらくすると、今度はキジに出会いました。

「桃太郎さん、桃太郎さん。美味しそうなきび団子ですね」

「今から鬼退治に行くんだよ。ついてきてくれるなら、一つあげるよ」

「わかりました。私もお供になりましょう」

キジはきび団子をぱくぱく食べると、桃太郎のお供になりました。

 

* * *

こうして、桃太郎は三匹のお供と一緒に、鬼ヶ島を目指しました。

 

海まで出ると、みんなで力を合わせて船を漕ぎます。

「「「「よいしょ、よいしょ」」」」

「鬼ヶ島が見えてきたぞ!」

桃太郎が鬼ヶ島へ着くと、鬼たちは村から奪ったごちそうで、飲めや歌えやの大騒ぎをしているところでした。宝物もいっぱいあります。

 

桃太郎はひょい、と船から降りると、鬼の目の前に飛び出しました。

「悪い鬼たちめ。こらしめてやるぞ。覚悟しろ!」

「なんだと。お前なんかにやられるものか。かかれ、かかれ!」

 

「みんな、行くぞ!えーい!」

桃太郎は、たくさんいる鬼たちを次々にやっつけます。

犬も、猿も、キジも、噛み付いたり引っ掻いたり突ついたり、みんな一生懸命に戦いました。

 

* * *

 

「あいたたたた。まいった、まいった。もう降参だ」

鬼たちはすっかり参ってしまいました。

「どうだ。もう村を襲ったりしないな」

「しません、しません。 ごめんなさい。どうか許してください」

鬼たちは村から奪った宝物をすっかり桃太郎に返しました。

 

こうして、桃太郎はたくさんの宝物を持って家へと帰りました。

おじいさんもおばあさんも、鬼を怖がっていた村の人たちも大喜びです。

「よくやったなぁ、桃太郎」

「よく無事で帰ってきたねぇ」

 

鬼が村を襲うことは二度となく、みんないつまでも幸せに暮らしましたとさ。

 

めでたし、めでたし。

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

コメント