>> 今週の特集「大阪でワニとサソリを食べる!」

「夢グループ」の通販番組がめちゃ面白いから見所を全部まとめてやったぞ

企画
スポンサーリンク

 

株式会社
夢グループ

石田いしだ 重廣しげひろ氏が代表取締役社長を務める夢グループ。石田社長は頻繁にメディア出演を行う会社の広告塔的存在でもあるため、知っている人も多いことだろう。

同社は主に通信販売事業を行っており、その売上高は年間100億円を超える。

 

そんな夢グループは独自の通販番組を展開しており、社長自らが登場し商品を紹介するのが定番のスタイルだ。

傍らにはいつも、同社所属タレントであり助手役を務める保科ほしな 有里ゆりさん(通称:ゆりねえ)がおり、二人の掛け合いが妙に独特で、数多くの名言も発し度々ネットで話題になっている。

 

今回、YouTubeの夢グループ公式チャンネルに上がっている通販番組の中から、ここさえ押さえておけば間違いない見どころポイントを厳選して紹介する。

これで貴方も、今日から夢グループファンを名乗っていい。

 

(夢グループ公式Twitterより引用)

ではいく。

スポンサーリンク

見どころ総まとめ

夢ポータブル多機能プレーヤー

夢ポータブル多機能プレーヤー

夢グループといえばまずはこれ。社長とゆりねえの魅力が詰まりに詰まった傑作回。

YouTubeにおいても、再生回数約60万回と最も人気の動画である。

 

(0:00 / 2:00)

開幕一番の、社長による「ゆめェ ポォタブルたきのォうプレイヤァァ~~」のナレーション。

画面の演出といい、完全にドラえもんを意識していると見て間違いない。

 

(0:05 / 2:00)

伝家の宝刀、社長の「デーブイデー」

DVDはデーブイデー。これは夢グループにおいての最高法規である。

 

(0:07 / 2:00)

伝家の宝刀・ニの太刀、社長の「シーデー」

DVDはデーブイデー、CDはシーデー。矢継ぎ早に繰り出される名言口撃に、動画開始7秒目にして圧倒されてしまう。

 

(0:11 / 2:00)

更にお代わりの「シーデー」。

隙を生じぬ二段構え。まるで剣豪・佐々木小次郎が得意とした燕返しのような切れ味だ。

 

(0:17 / 2:00)

絶対に5万円な訳がない。

通販番組あるあるではあるが、夢グループも多分に漏れずこのように白々しいお伺いを立てるパートが各動画必ず存在する。

 

(0:20 / 2:00)

「イヤ高くは売れませェ~ん」と右手をプルプルさせながら優しく否定する社長。

この手プルプルはかなり可愛いので石田社長を推しにすべき要因の一つである。

 

(0:27 / 2:00)

ゆりねえの代名詞「やすい♡やすぅ~いぃ♡」が炸裂。

そのあまりにセクシーなボイスは、あまりにもセクシーだ。

 

(0:30 / 2:00)

エキストラのキャラが妙に立っていて社長の説明に集中できない。

別動画の「土鍋加工炊飯器」回で、恐らく甲斐さんという方だと判明する。

 

(0:35 / 2:00)

(0:37 / 2:00)

めっちゃ爆笑しながら夢ポータブル多機能プレイヤーを視聴するゆりねえ。

どんだけ面白い映像を見てるんだ?

 

(0:38 / 2:00)

自社の宣伝動画だった。

そんな笑わねぇだろ。

 

(0:43 / 2:00)

お次もゆりねえの「録画予約もできるんですね!」からの「うれし~い♡」が炸裂。

あまりにもセクシーで、そしてセクシーである。

 

(0:45 / 2:00)

今度は社長による「デーブイデー」。

40秒ぶり、2度目の邂逅となる。

 

(0:52 / 2:00)

続いて息つく間もなく「シーデー」の連撃。この男、全くもって油断ならない。

夢グループを一代で築き上げた恐るべき手腕が、ここからも見て取れる。

 

(0:55 / 2:00)

「録音もできる♡」

かわぴっぴ!!!

 

(0:58 / 2:00)

突如現れる奥田 江利子さん。

は、はじめまして。

 

(1:08 / 2:00)

デーブイデーとシーデーがワンセンテンスで登場する、非常に稀有な場面。

思う存分、デーブイデーとシーデーを堪能しよう。

 

(1:26 / 2:00)

ちなみにゆりねえは普通にディーブイディー、シーディーと言う。

 

(1:36 / 2:00)

合成のせいで、どう考えてもキャンプに適していない服装になっちゃってる甲斐さん。

微笑んでる場合ちゃいまっせ。

 

(1:41 / 2:00)

いよいよ物語は終盤。

「これだけの機能が付いて、税込1万円はやす~い♡」という首かしげやす~い♡が決まる。

 

(1:49 / 2:00)

そして駄目押しと言わんばかりの「9インチで12,800円もやすぅ~~いいン♡」という首振りやす~い♡でフィニッシュ。

声色はもちろんのこと、身体のモーションを駆使しての差別化やす~いからはゆりねえの演技力の高さが伺える名シーンだ。

 

【総評】

夢グループの入門編とも言える本作。

ワード・アクションそれぞれバランスよく見どころが収められており、石田社長のキラーフレーズでもある「デー」の畳み掛けは圧巻の一言。

基礎教養として是非とも抑えておきたい2分間である。

 

夢最新通訳機

夢最新通訳機

次は、社長から放たれる英語が大きく話題となった通訳機回。

石田社長の見どころが多い、石田推し必見の動画だ。

 

(0:04 / 2:00)

まずはあまりにも情報量が少ない画面からスタート。

ゆりねえの「ほんと~ぉ?♡」が当然のように可愛い。結婚してほしい。

 

(0:14 / 2:00)

続いて、社長の「すンンンンばらしい商品でぇ~す」にバトンは繋がれる。

めちゃくちゃ孫に優しそうな社長のビジュアルがとても良い。

 

(0:32 / 2:00)

恒例の白々しい問答パート。

定価29,800円を11,000円まで値下げして、まだ頑張れるというのか!?

 

(0:34 / 2:00)

せいいっぱい価格!1万円に!

最初の値引きが強すぎてインパクトが薄い!

 

(1:10 / 2:00)

そして本丸、社長のカタコトすぎる英語「マイ ホビー イズ トラベリ~ング↑」が遂にお披露目。この男、名言製造機か?

時間がないという方は、是非ともここだけでも見てほしい。

 

(1:15 / 2:00)

「わぁ♡ 社長の英語でもッ♡ 日本語に通訳できるぅッ♡」

とナチュラルに馬鹿にするゆりねえ。これが俗に言うセクシー罵倒である。

 

(1:19 / 2:00)

「すごいぃッ♡♡♡」

最高。

 

(1:52 / 2:00)

最後にしっかりと人差し指を使って1万円を表現するゆりねえ。

ものすごく1万円だということがとても伝わってくる。

 

【総評】

ポータブルプレーヤー回が飛車であれば、本作は角行であることは言うまでもないだろう。

決して見どころが多いとは言えないが、「トラベリ~ング↑」の一言で十二分にお釣りが来るほどの破壊力と影響力が、この動画には存在する。

まさに、トリッキーな動きで撹乱する角行に相応しい逸品だ。

 

スポンサーリンク

カラオケ1番

カラオケ1番

2分間の動画の内、前半の1分を丸々カラオケパートに使ってしまうという大胆な構成。

社長とゆりねえの美声を楽しめる、エンタメ色が強い一作だ。

 

(0:00 / 2:00)

1画面内に10個の「目をとじて」がひしめく場面からスタート。

これは「目をとじて 目をとじて 何が見えますか」という歌詞を際立たせるための演出だろうが、いささか目をとじさせすぎではないか?

 

(0:06 / 2:00)

本業は歌手であるゆりねえの実力が存分に発揮される。

いつの間にやら背景が満月に浮かぶウサギとなっているが、歌詞とは全く関係がないことをここに明記しておく。

 

(0:13 / 2:00)

そして舞台は宇宙へ。破竹の勢いで業績を上げる夢グループの推進を示唆しているのだろうか。

社長の歌も、優しい美声でとても素敵だ。

 

(0:26 / 2:00)

このタイミングで何故か座る。

本当に何故?

 

(0:40 / 2:00)

地球に帰還する二人。

花に囲まれながら、サビを熱唱する。

 

(0:50 / 2:00)

続いて今度は「幸せになろう」がひしめき始める。

すごく幸せになれる気がしてくる。

 

(0:54 / 2:00)

ピースで締め!

ちなみに、歌っているのは『夢と…未来へ』というオリジナルソングである。作曲:ゆりねえ、作詞:社長という手抜きなしの名曲だ。

 

(1:08 / 2:00)

本編残り1分となり、商品説明へと移行する。

「追加できるカートリッジをセットで8,000円!? やすぅ~い♡」と軽めの首振りやす~いをジャブ代わりにお見舞いするゆりねえ。

 

(1:25/ 2:00)

突然に髪を下ろしたゆりねえが現れ、思わずドキリとしてしまう。

…ったく、お茶目っつーか、なンつーか。ゆりねえって、こういうトコあンだよなぁ(頭ポリポリ)

 

(1:29 / 2:00)

(1:32 / 2:00)

懇切。懇切丁寧な説明だ。ユーザーにお年寄りが多い配慮によるものだろうか。

 

(1:51 / 2:00)

特典として、『夢と…未来へ』のシーデーも付いてくるそう。

ちなみに、本曲と他収録曲である『花の香りに包まれて』は、ゆりねえ公式チャンネルで視聴することができる。

 

【総評】

他作品とはかなり毛色が違う本作。

見どころはほぼ前半のカラオケパートに集約されてしまっているが、それが逆にこの動画ならではの唯一無二の強みとなっている。

背景で笑わせにくるテクニックの妙技も堪能できる、夢グループに慣れてきた中級者以降向けの作品だ。

 

ぶるぶる振動マシン

ぶるぶる振動マシン

目立ちはしないものの、しっかりと見どころを落としてくる回。

まるでいぶし銀のような、堅実な姿勢が見え隠れするスルメ動画である。

 

(0:00 / 2:00)

謎空間からお届けする社長から始まる本作。

光の牢に幽閉された石田社長。

 

(0:07 / 2:00)

ぶるぶる振動マシンでぶるぶるしながら業務に励む社長。

失礼ながら、ちょっと面白すぎる。

 

(0:30 / 2:00)

白々しい問答パート。

相変わらず光の牢獄に囚われている。

 

(0:39 / 2:00)

「税込1万円!やすいでしょ~ッフォ?」と珍しく社長が言及するパターン。

半笑いの社長の横で佇むだけのゆりねえ。ゆりねえのお株が奪われてしまった。

 

(1:12 / 2:00)

あれ?このエキストラの方、甲斐さんじゃない?

夢ポータブル多機能プレーヤー回でキャンプでスーツ着てた甲斐さんじゃない?

 

(1:17 / 2:00)

様々な体勢でぶるぶるする甲斐さん。

夢グループの社員さんなのかな。

 

(1:20 / 2:00)

ゆりねえも参戦!

そうでなくっちゃあ始まらねえや!

 

(1:24 / 2:00)

アクロバティック!アクロバティックゆりねえ!

略してバティねえ!いいぞ!いけ!やっちまえバティねえ!

 

(1:41 / 2:00)

「えェこのマシンが1万円!?やすぅ~いッ♡」と最後はキッチリとまとめてきたバティねえ。

社長とのやすいでしょ~ッフォ?×やすぅ~いッ♡の価格訴求争奪戦を楽しめる回だった。

 

【総評】

冒頭で述べたように、本作を一言で表すなら「いぶし銀」、である。

強豪揃いのラインナップの中ではやや鳴りを潜めてしまう印象だが、ワード・アクション共に手堅く見どころを落としてきている。

甲斐さんの再登場に喜ぶようになれば、貴方はもう既に夢グループ上級者だ。

 

スポンサーリンク

夢充電式ハンディチェーンソー

夢充電式ハンディチェーンソー

 

(0:02 / 2:00)

冒頭から、社長の「スパァ~ッン↑スパァ~ッン↑」が繰り出される。

チェーンソーの切れ味の良さを情緒豊かに表現する、巧みな言葉遣いだ。

 

(0:05 / 2:00)

「夢!充電式ハンデーチェーンソーのご紹介でェ~す」

デーの法則が、ここでも発動してしまった。察しの良い人なら、商品名で気づいていたことだろう。

 

(0:25 / 2:00)

「スゴイ切れ味はどうしてですか?」ゆりねえからの素朴な質問だ。

商品の根幹的な訴求を促す、非常に重要な局面である。これに対する社長の答えは…?

 

(0:33 / 2:00)

「すっごぃ…固い…?耐久性、優れたチェーンにこだわって作ったので…」

何故かここ一番で自信なさげなトーンになってしまう社長。兎にも角にも、切れ味がスゴイことは間違いない。

 

(0:38 / 2:00)

「すごい切れ味!(5秒ぶり2回目)

兎にも角にも、切れ味がスゴイことは間違いない。

 

(0:58 / 2:00)

茶番パート。

「社長ありがと~ぅ♡♡♡」と、首振りかる~いの派生型・腰落としありがと~ぅが飛び出る。この流派、なかなかに奥が深い。

 

(1:10 / 2:00)

「軽いので疲れにくい!すごいぃ♡」

すごいぃきたぁ♡好きぃ♡

 

(1:12 / 2:00)

「さらに!エルイーデーライト付きなので、暗い場所でも作業が安心でェ~す」

完全に、油断していた。デーの法則は、いついかなる時でも不意に襲ってくるのだ。

 

(1:17 / 2:00)

当然ながら、ゆりねえは普通にエルイーディーと言う。

デーとディーが共存する。そんな自由が、あっていい。いいのだ。

 

(1:22 / 2:00)

すごい切れ味(44秒ぶり3回目)

 

(1:26 / 2:00)

スパァ~ッン↑スパァ~ッン↑(1分24秒ぶり2回目)

 

(1:52 / 2:00)

ゆりねえ小首かしげやす~いぃッ♡フィニッシュ!

もはや様式美すら感じる。これを楽しみに今日を生きてんだ俺ァ。

 

【総評】

デーとスパァ~ンの応酬が繰り広げられる、ワード特化型の異色作。

その余りの一点突破の鋭さは、伝説の聖槍グングニルかはたまたゲイボルグか。

見逃しがちだが、手数の多さも侮れない。夢グループ界のダークホースとも言うべき存在だ。今後、台風の目と成り得るか…?

 

後はダイジェストめに紹介

夢シャワーヘッド

  • 0:05、「あァたまが痛いですね~ェ?↑」
  • 0:36、右手プルプル食い気味「心配はありませェん!」

 

シルクスーパー足首ウォーマー

  • 0:03、ひしめくわくわく♪
  • 0:07、ひしめくよかった!
  • 0:12、シルク!シルク!シィルク!

 

EMS低反発フットマット

  • 0:06、社長渾身のつまづき演技
  • 0:08、社長渾身のおつかれ演技

 

電動爪削り&夢包丁研ぎ器セット

  • どういう組み合わせのセット?
  • (ちなみに、別動画で「電動爪削り&電動かかと角質削り」という妥当なセットもある)

 

スポンサーリンク

社長とゆりねえは愛人関係?

ゆりねえは夢グループ所属のタレントであり、イチ社員という形ではあるが、二人は愛人関係ではないかという噂がまことしやかに囁かれている。

当然のことながら、社長は真っ向からこれを否定。通販番組の演出上、甘えるような仕草が多いためこのような誤解が生まれたのではないか、とのこと。

 

(ゆりねえチャンネル第8回より)

また、ゆりねえチャンネルの方では二人のオフ感あるトークが見られるが、かなりラフな雰囲気のやり取りで、通販番組の際とは全く違った印象を受けるかもしれない。

 

異色すぎる社長の経歴

福島県出身の石田社長は、なんやかんやあって高校を退学後、辞書や地球儀を飛び込み営業で販売する仕事に従事。なにそれ。

30代で夢グループの前身となる会社を起業し、中国の美容品を輸入する事業を展開。日本と香港を行き来する二重生活を送る。

やがて芸能関係の仕事も手掛けるようになり、「あずさ2号」といったヒット曲で有名な『狩人』のマネジメント会社として夢グループを設立。

 

これまで不透明だった芸能人の営業価格をパッケージ化することでプロモーションに大成功。また、当時珍しかったタレントへの月給制も導入し、業界内で話題となる。

その後、通販事業へ進出。初期の頃から自身で広告モデルを務めるようにしていたが、「モデルがダサすぎる」とクレームが殺到。

タレントを起用することに関して、「商品よりも芸能人が目立ってしまうことがある」「経営者として自ら責任を取る覚悟でありたい」として本人は出演を続けている。

 

ゆりねえは何者?

石川県出身の保科ほしな 有里ゆりさんは、OL時代を経て作曲家の三木たかし先生に師事。

1993年に歌手デビューして以降、歌謡曲からジャズまで幅広く歌い、音楽活動やメディア出演で全国各地を巡っている。

三木たかし先生から石田社長へ直々に依頼があり、夢グループに所属することとなった。

 

身長163cm、血液型B型、趣味はゴルフと映画鑑賞。

好きなアーティストはカーペンターズ、好きな映画はゴースト〜ニューヨークの幻〜。

好きな食べ物はくるみパン、好きな色は夕焼けのセピア色、好きな花はカスミソウやアヤメ・キキョウといった薄紫色の花。

 

スポンサーリンク

おわりに

社長初の自伝『いつでも夢を。』
好評発売中

いかがだっただろうか。

社長とゆりねえという名コンビの掛け合いは、人の心を掴んで魅了してならない。

 

余談だが、社長の独特の言い回しは公式でもイジるようになり、上手くマーケティングに活用している点はまさに見事である。

「怪しい」「気持ち悪い」と揶揄されることも多いが、独自の路線を突き進む夢グループからは今後とも目が離せない。

 

おわり。

 

コメント