>> 毎週土曜にブログ更新中 <<

星座の中にはどう考えても無理ある奴がいる

特集
スポンサーリンク

 

先に正解を言います。

 

けんびきょう座です。

 

は?って思ったアナタ。

その反応は正しい。

 

 

——星座。

その歴史は約5,000年前の古代メソポタミア文明まで遡るとされ、星々の繋がりを神・動物・物といった事象に見立てたのが始まり。

 

フェルメール《天文学者》

古代人は星座を用いることにより天文学や占星術、航海術を考案し、今日に至るまで様々な発展を遂げることとなった。

まさに、人類の叡智、その結晶の一つと言えるだろう。

 

 

 

 

 

 

太田聴雨《星をみる女性》

というわけで、今回はこれどう考えても無理あんだろっていう星座をいくつかご紹介したい。

古代人の類稀なる豊かな想像力を、楽しんでいこうではないか。

 

まずは、これならまぁ分からんでもないという判定が出る星座から見ていくことにする。

ではいく。

まぁ分からんでもない星座

まずはこちら。

何やらウネウネした軌跡を描いた星座だ。

 

そう、うみへび座だ。

なるほど、分からんでもない。いや、かなり分かりやすい部類に入ると言える。

へび座じゃ駄目なのか、と思うかもしれないが、その理由は後述する。

 

 

続いてこちら。

孤を描く形と、T字になった先端が特徴的だ。

 

そう、さそり座だ。

さすがに星座だけ見ての正答は難しいが、言われてみればあーねとはなる。古代人やるじゃんってなる。

 

 

分からんでもない星座シリーズラストはこちら。

一見するとただの十字のようだが…?

 

そう、はくちょう座である。うーん…?

どう考えても無理あんだろに片足を突っ込みかけているかもしれないが、まだギリ踏みとどまっている。耐えている。

はくちょう座には健闘賞を贈っておく。

 

 

それでは、いよいよ本命の無理あんだろ星座を見ていこう。

正直、ここからは上記の三例とは比べ物にならない無理感があるので、心してほしい。

どう考えても無理あんだろ星座

ファースト無理あんだろはこちら。

描きかけの何か、という印象しかない。では、一体何なのか?

 

おひつじ座である。

いや無理あんだろ!羊の要素一個もねぇ!!古代人、星座に急に飽きた?

 

 

セカンド無理はこれ。

出来損ないの地図記号?

 

いや、かに座だ。

脚足りてない。7本も足りてない。どうも名付けの担当者が変わったくさいな。手抜きが過ぎる。

 

 

これは平仮名の“く”だ。くでしかない。

逆に、こんなもんに星座を当てはめようとする気概がすごい。無限の候補がありそうだ。

 

いやかみのけ座ってなに?

無限の中からよりにもよって髪の毛をチョイスするかね?星側も「えっ…自分かみのけ座っすか…?」って戸惑ってるよ。

 

 

ここで、いったん休憩。

星座豆知識でもご披露つかまつる。

 

誰かしらが旗振らないと、名称の統一ができないもんね。そもそも。

 

気になるよね?古代人たちも。

 

それがこちらの御仁、クラウディオス・プトレマイオスさんです。

2世紀に活躍したギリシャ人の天文学者。このプッちゃんが現代の88星座のベースとなる「トレミーの48星座」をまとめたことにより、星座が広く用いられるきっかけとなったのでした。

ちなみに、「トレミー」というのは『プトレマイオス』の英語名。

えーと、つまりキミが戦犯ってことでいい?

 

 

犯人候補を吊し上げたところで、引き続き星座を見ていこう。

 

さて、これは冒頭で紹介した通り。

 

けんびきょう座だ。

うーん、何度見ても顕微鏡ではない。もう何でもありだこれ。ルール無用のヴァーリトゥードだ。

 

なんならドラえもん座とかでもいける気がする。

むしろこっちの方が違和感なくない?キミ、今日からドラえもん座に転籍ね。

 

 

次はちょっと変わり種を。

なんとなーーく人に見えなくもない…?足っぽいのあるし。

 

そう、へびつかい座だ。

いや蛇の要素ゼロ!“ただのひと座”じゃんこれ。

 

と、思ってたら。

実は、別個でへび座ってのもあった。

 

つまり、組み合わせることでこのように完成するのだ。

星座って合体技ありなの?キン肉マンなの?

 

 

最後はこちら。堂々のキングオブ無理あんだろ星座だ。

いやもうこれ線だからね、ただの。君は何者にでもなれる存在だよ。自信もちなよ。

 

果たしてこの一本のラインを、古代人はどう解釈したのか。

 

こいぬ座。狂ってんのか。

わざわざ子犬に指定してるトコもヤバい。一体何が見えたの?もしかして古代の犬って線だったの?

 

おわりに

いかがだっただろうか。

かなり軽いノリで適当に決めてたんだろうな、と確信がもてる内容だった。多分酒盛りでもしながら名付けたんだろう。

一つでも分かった人がいたら驚嘆に値すると言ってもいい。現代のプッちゃんを名乗ってもいい。

 

しかし、このままだとかなりのモヤモヤが残ると思うので、最後にめちゃくちゃわかりやすい星座を一つ紹介することで、結びと代えさせていただきたい。

 

これだ。

さて、パッと見は三角形だが…?

 

わかりやすぅい!!

 

おわり。

 

 

 

参考サイト:

クラウディオス・プトレマイオス – Wikipedia

コメント