>> 今週の特集「まだ見ぬエッチな単語を探そう!」

AIさんびきのこぶた

昔話
スポンサーリンク

 

挿絵を全てAIに作ってもらった「さんびきのこぶた」です。

はじまりはじまり。

 

* * *

 

むかしむかし、あるところに3匹のこぶたが暮らしていました。

 

ある日、お母さんぶたは、こぶたたちに言いました。

 

「そろそろ自分の家を作って、一人で暮らしてみたらどうだい」

 

1番目のこぶたは、家の近くからワラを集めてきて、あっという間にワラのお家を作りました。

 

「ブーブー。ワラは軽いからお家を作るのも簡単さ」

 

「さーて。お昼寝、お昼寝」

 

2番目のこぶたは、森からたくさんの木を集めてきて、トンタントンタン、木のお家を作りました。

 

「ブーブー。木ならワラより丈夫だし、かっこいいぞ」

 

「さーて。落書き、落書き」

 

3番目のこぶたは、街からレンガを運んできて、レンガのお家を作り始めました。

 

でも、レンガはとても重いので、なかなかお家はできません。

 

3番目のこぶたのお家は、夕方になってやっと出来上がりました。

 

「ブーブー。レンガなら、何があっても壊れないぞ」

 

* * *

 

その様子を、二つの光る眼がのぞいていました。

 

暴れん坊のオオカミです。

 

「ご馳走の匂いがすると思ったら、おいしそうなこぶたが3匹もいるじゃないか」

 

オオカミは最初に、1番目のこぶたの家にやってきました。

 

「トントントン。こぶたくん、素敵なお家に僕を入れてよ」

 

「ブーブー、だめだめ。僕を食べるつもりなんでしょ」

 

「ふふん。ワラでできた家なんて、俺様の自慢の息で吹き飛ばしてやるわい」

オオカミは大きな息を吹きかけました。

 

するとワラの家は、あっという間に遠くに吹き飛ばされてしまいました。

 

1番目のこぶたは、2番目のこぶたの家まで走って逃げました。

 

しばらくすると、オオカミが2番目のこぶたの家にやってきました。

 

「トントントン。こぶたくん、素敵なお家に僕を入れてよ」

 

「ブーブー、だめだめ。僕たちを食べるつもりなんでしょ」

 

「ふふん。木でできた家なんて、俺様の自慢の息で吹き飛ばしてやるわい」

オオカミは大きな息を吹きかけました。

 

すると木の家は、あっという間にバラバラに壊れてしまいました。

 

1番目のこぶたと2番目のこぶたは、3番目のこぶたの家まで走って逃げました。

 

しばらくすると、オオカミが3番目のこぶたの家にやってきました。

 

「トントントン。こぶたくん、素敵なお家に僕を入れてよ」

 

「ブーブー、だめだめ。僕たちを食べるつもりなんでしょ」

 

「ふふん。レンガでできた家なんて、俺様の自慢の息で吹き飛ばしてやるわい」

オオカミは、大きな息を吹きかけました。

 

「ふーう!」

 

近くにあった草は飛んで行きましたが、レンガの家はびくともしません。

 

* * *

 

「ふーむ、これは困った。この家はびくともしないぞ」

汗をかきかき、困ったオオカミは家の屋根を見上げました。

 

「よーし、あの煙突から忍び込んでやれ」

 

「大変だ、どうしよう。僕たち食べられちゃうよ」

 

「そうだ良い考えがある。煙突の下の暖炉で、お湯を沸かそう」

 

3匹のこぶたは、大きなお鍋を暖炉に運び、お湯を沸かし始めました。

 

何も知らないオオカミは、勢いよく煙突から暖炉に飛び降りました。

 

「あちちち!あちちち!」

熱いお湯の中に落ちてしまったオオカミは、慌てて飛び出して逃げていきました。

 

「「「やったー!」」」

 

見事にオオカミを追い払った3匹のこぶたは、手を取り合って喜びました。

 

こうして、3匹のこぶたの家族は、丈夫なレンガの家でずっと仲良く暮らしましたとさ。

 

めでたし、めでたし。

 

コメント