>> 今週の特集「大阪でワニとサソリを食べる!」

AIシンデレラ

昔話
スポンサーリンク

 

挿絵を全てAIに作ってもらった「シンデレラ」です。

はじまりはじまり。

 

* * *

 

むかしむかし、あるところにシンデレラという女の子がいました。

 

シンデレラはやさしい娘でしたが、やさしかったお父さんが死んでしまってからは、

 

意地悪な継母と継母が連れてきたお姉さんたちに、いじめられていました。

 

「シンデレラ、お前なんてボロボロの洋服で十分よ」

 

「掃除なんて全部シンデレラにやらせちゃえばいいわ」

 

それでもシンデレラは、健気に一生懸命に働きました。

 

ある日のこと、お城から舞踏会の招待状が届きました。

 

「王子さまの結婚相手を選ぶそうですよ」

「まあ、楽しみ」

 

「どのドレスを着て行こうかしら」

ですが、シンデレラはもちろん連れて行ってもらえません。

 

「シンデレラ。お前は一人で留守番をしているんですよ」

 

お姉さんたちはおめかしをして、楽しそうに出かけていきました。

 

『私も、舞踏会に行ってみたかった』

 

お留守番をしていたシンデレラは、窓からお城を眺めるとだんだん悲しくなってきました。

 

『一目でいいから、王子さまにお会いしてみたい』

 

シンデレラはとうとう、しくしく泣き出してしまいました。

 

すると、そこに突然、不思議なおばあさんが現れました。

 

「おやおやシンデレラ。どうして泣いているんだい」

シンデレラはびっくりして言いました。

 

『おばあさんは、どなた?』

 

「私は魔法使いだよ。シンデレラ、舞踏会に行きたいんだね」

『でも、私にはドレスも馬車もないよ』

 

「よしよし。大きなカボチャを一つと、それからネズミを捕まえておいで」

 

魔法使いが杖を振ると、カボチャは馬車に、ネズミは馬に変わりました。

 

ボロボロだった洋服も、綺麗なドレスに変わっています。

 

「それから、このガラスの靴をあげましょう」

『まあ、なんて素敵なんでしょう。おばあさん、ありがとう』

 


「必ず、0時までに帰ってくるんだよ。0時の鐘が鳴ったら、魔法は解けてしまうからね」

 

『わかりました。必ず、0時までに帰ってきます』

 

シンデレラは何度もお礼を言って、出かけていきました。

 

* * *

 

シンデレラがお城に着くと、その美しさに周りの人はびっくりしてしまいました。

 

「なんて綺麗な人でしょう」

「どこかの国のお姫様かしら」

 

王子さまも、やさしくて綺麗なシンデレラのことをすっかり好きになりました。

 

「ぜひ、僕とダンスを踊ってください」

『まるで、夢みたいだわ』

 

王子さまとシンデレラのダンスに、みんなうっとりしています。

ところが、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

 

『いけない、もう0時だわ。早く帰らないと、魔法が解けてしまう』

 

シンデレラは、急いでお城を飛び出しました。

 

『ごめんなさい。さようなら、王子さま』

 

「まってくれ。せめて、名前を教えておくれ」

王子さまは慌てて追いかけましたが、シンデレラはもういませんでした。

 

代わりに綺麗なガラスの靴が、片方だけ落ちています。

 

「ああ、これはあの人が履いていた靴じゃないか」

 

* * *

 

次の日から、お城の使いはガラスの靴の持ち主を探して、国中の女の子に靴を履かせて回りました。

 

ですが、靴は小さくて誰の足にも入りません。

「この靴を履けたら、王子さまと結婚できるのね」

 

意地悪なお姉さんたちも挑戦してみますが、やっぱり履くことができません。

 

「こんな小さな靴が、履ける人なんているのかしら」

「はあ、この家でもだめだったか」

 

するとお城の使いが、部屋の隅にいたシンデレラに気づいて言いました。

「おや、まだ娘がいるじゃないか。君もこの靴を履いてみなさい」

 

「まあ。シンデレラなんて絶対無理に決まっているわ」

「そうよ。そんな格好で恥ずかしいわ。おやめなさい」

 

継母とお姉さんは、そろってシンデレラを馬鹿にします。

 

ところが、シンデレラの足はガラスの靴にぴったりと収まったのです。

 

「まさかシンデレラが、あのお姫様だったなんて」

 

お城に招かれたシンデレラは、また王子さまと会うことができました。

 

王子さまはすぐに、シンデレラがあの時のお姫様だとわかりました。

 

「あなたこそ、僕が探していた人だ。どうか、僕と結婚してください」

 

こうして、王子さまとシンデレラは、いつまでも仲良く幸せに暮らしましたとさ。

 

めでたし、めでたし。

 

コメント