>> 毎週土曜にブログ更新中 <<

広島サウナの雄・ニュージャパンEXを堪能し、夜の街を巡る日【1日目】

旅行
スポンサーリンク

 

前回の熊本旅行からはや1年、この度は広島へ向かう!

今回も3泊4日の旅行記です。

広島は過去2回行ったことがあり、10年ぶりくらい。

旅の始まりと広島の街並みと


というわけで、毎度おなじみの北九州市小倉駅より愛をこめて。

新幹線でチャチャっと広島へ向かいます。


何となくおにぎりを握ってきたので、モグモグしながら電車に揺られる三十路。

いや、違うのよ。極貧旅行とかじゃなくて。たまたま前日に冷凍ご飯仕込んでて余ったからなのよ。

ちなみに美味しくはなかった。


ついでに我が家に在庫があったまるごとソーセージも持ってきたので食べる。

わんぱく少年の冒険紀行?


暇つぶし用に残穢ざんえも用意してるので準備万端。

旅行には最高に似つかわしくない小説。

 

はい広島駅。

意外と1時間くらいで着く。早かった。


メインの南口側。

爆裂に工事中。


ド駅前にタワマンも建ってる。

広島の癖に生意気だな。


広島といえばコレ!路面電車!

熊本にもあったけど、味があるねぇ。


おぉ~って思いながら歩いてたら突然の行き止まり。問答無用かよ。

くそッ 初心者トラップか?


こういう道路に路面がある光景、いいよね。

ちなみに広島の路面電車はとんでもない頻度でバンバンやってきます。前の電車に後続が追いついたりして、ダイヤどーなってんねんって思いました。


この建物はオシャレな商業施設に擬態したパチンコ屋。

目の前に行くまで完全に騙された。


ザ・広島感。

 


広島駅地下広場。

名に違わず、本当に広場があるだけ。良い。


地下街の一角に、なんか変な書き初めみたいのがある。

どうやら広島美術館?の作品展覧らしい。


ちょうどテレビスタッフさんが撮影に来てて、なぜかインタビューを受けることに。

もしかしたら広島のテレビに出演してたかもしれません。RCC局の人だってさ。

 


とりあえず繁華街を目指す。

駅前大通りとは思えない閑散ぶり。


Googleマップはやたらバロンドールをオススメしてくる。

広島の高級キャバクラっていくらくらいすんの?


大正レトロ感のあるいい感じの橋。

広島は駅周りに川が複数流れてるという地形がなかなか面白い。


なお橋の名前は読めない模様。

猿…族…橋…?


広島にあるHIROSHIMA。

こういうモニュメントありがちあるある。


いよいよ一人もいなくなる。

え?これ道合ってる?駅前だよ?もっと人はガヤガヤ車はビュンビュンするもんじゃないの?

もしかして隠しルートとかあるの?また初心者トラップか?おい、福岡県民ナメんな。


はー川きれいだわー。

駅前の川にしては太いな。

 


突然、風俗街に迷い込む。

おかしい。絶対におかしい。オフィス街の大通りから1本入っただけなんですけど。


おとこを楽しめ!夜遊びも全力投球!!

カープ魂がこんなところにも。


これはストレート球。直球すぎる。

もう“総称”じゃん。統べるものじゃん。


これはモジャモジャの花屋。ジュマンジ感。

忘れがちですが、繁華街に向かってるはずです。きっと。

 


おーきたきたきた。

この辺からかな。広島の街づくりはだいぶ変わってるねぇ。


キャバクラ探検隊。

はい!はい!はいはいはい!


キャバクラ大好きイナリ君。

アウト寄りのアウトです。ゲームチェンジ!


3?

これはわからない。


アーケード街が出てきた。

やっと(健全な)繁華街って感じ。


はいはいはいなるほどなるほど。

車も通ってるし、なにより人が現れ出して安心。

ジリリリリリリリリ

って思ってたら突然火災報知器が鳴り出したりして現場は騒然。

デンジャラスタウンか?ここは。オジサンがうるせぇ!!ってキレてた。

デンジャラスだった。

 


KIRIN BEER.

広島って、こんな感じでお酒の名前を大々的に出したアーチ看板がめっちゃ多い。何故だろう。


さて商店街感が強まってまいりました。

太陽が差し込む感じいいね。


むさし。

これは広島で大人気のおむすび屋さんらしい。僕にも握り方を教えてほしい。


一気に人が増えてきた。

ここにいたか。広島の民は。


よく見たらここ横断歩道なの初見殺しすぎる。

広島トラップ多すぎるな。ジグソウが設計したんか?お?コラ?


めっちゃ耳良い田中くんの異名。

おい、北高から“聞こえの田中”が来るらしいぞ…。みたいなね?


腰掛けるにはやや心許ないベンチ。

ラクチン♪ラクチン♪じゃないのよ。


しかし「もみじ銀行」って当たり前にあるのウケるな。

むかし、福岡ではおなじみの報道番組「めんたいワイド」が全国で知られた時、ネット民が『めんたい!?めんたいワイド!??』って困惑してたの思い出した。


この綴りのドン・キホーテ初めて見たな。

広島は初めてがいっぱい。

 

へんくつやとお好み焼きとお母さんと


お好み村。

街イジりも一通り済んだんで、お好み焼きでも食べますかね。


国もある。

共和国ということは国民が選ぶ国家元首がいるのか?


元首っぽい人いた。

古田正三郎さんと言うらしい。


本格的にお腹が空いてきたのでどこかに入ろう。

さてさて。


こちらの「へんくつや」さん、2軒横並びなんだけどどういうこと?

何が違うの?仲違いしたの?偏屈なの?美味しんぼにそんな中華屋の話あったよね?


交差点沿いのこっちが本店らしい。

せっかくなら本店行ってみっか。


人気店らしいのですが、奇跡的にノーゲスト。

早くも運使い果たしたなこれ。


使い込んだ鉄板すごぉ。

せっかくなんで、一番良さげな牡蠣そば肉玉入りをオーダー。


寡黙っぽい大将が手慣れた手つきで作っていく。

お母さんは後ろでずっとなんか洗ってる。


牡蠣も焼く。

牡蠣側の立場だと地獄だろうなコレ。


麺パリッパリ。

パリッパリ・オブ・ザ・イヤー。

 


完成。芸術やん。

芸術・オブ・ザ・イヤー。


お好み焼きといえばビール。

ビールといえばお好み焼き。


牡蠣から。美味すぎる。

牡蠣・オブ・ザ・イヤー。


次に本丸を攻める。

合ってる?これ切り方合ってる?ねぇこれ。


本当に合ってる?ケーキみたいにカットしちゃったけど。

いま広島県民爆笑してない?殺すぞ。


あのっ…

…。


もう後戻りはできない。

全力で邁進するのみ。死中にこそ活はあり。

 


見かねたお母さんが切り方指導してくれた。

一口分をその都度カットして、箸を使わずヘラで直接食べるのが広島っ子なんだそう。

昔はカウンターが狭い店が多く、そういう文化だったとか。


なんかその流れですごい色々話してくれた。

あともうできれば全部切ってほしい。


こちらのへんくつや、元々はさっき見た『お好み村』に入ってたけど、途中で出てこの場所に移ったそう。

真隣の店舗も、たまたまテナントが空いたから裾野を広げただけらしい。

(秘密のケンミンSHOW公式Twitterより引用)

広島は「コウネ」という、牛の肩バラ肉を食べる流行がここ最近で生まれたそうなんだけど、お母さんはそれをTVのケンミンショーを見て知ったんだとか

ケンミンショーあるある。


そのまま話し込んでたんだけど、お母さんがなかなか面白い。

  • 他店でオススメある?
    →わかんない
  • 広島と大阪でなぜ分かれたの?
    →わかんない
  • 広島の方が発祥らしいですよ
    →そうなの?

お母さん何も知らなくてかわいい。


そんなこんなで完食。

一口目の印象は、まず麺が美味い。ソースはかなり甘めだけど優しい感じで、飽きが来ない味わい深さがある。


大将とお母さんがなんか話し合ってると思ったら、最後に「あ!アナゴもあるよ!広島名物!」って教えてくれた。わざわざ名物が他にないか相談してたっぽい。

ちなみに、アナゴはお好み焼きのトッピングに入れることはないのか聞いてみたら、基本的に魚類は使うことはないそう。魚粉を振るお店はあるけどね、だってさ。なるほど。


大将もめっちゃ気さくな良い人だった。ごちそうさまでした。

皆さん、広島へ行く時は是非「へんくつやさんへ!

 

<次ページ:「ニュージャパンEX」へ向かうも…>

 

コメント