焼酎を全く飲まない僕が最高の焼酎を見つけるまでのヒストリー

お酒

いま、物語の幕が上がる――

 

どうも、こんばんちは。

焼酎全く飲まない系ブロガーのtdkです。

お酒は大好きですが、焼酎は飲みません。どれぐらい飲まないかというと、ワンシーズンに一舐めでもすればハイペースに括られるくらいです。

そんな僕が、今回は皆様に最高にオススメの焼酎をご紹介します。矛盾が重なりすぎて自分でも怖くなってきますが、強行突破あるのみです。頑張るから。ね?

だからみんな、信じてついてきてくれ。

 

ちなみに何で飲まないかっていうと、単純に好みじゃないからです。なんか臭いじゃん、あれ(信用急落)

経緯

あのね、先に言っとくけどね。

僕もむやみやたらにこんな記事書いてるわけじゃないし、書きたいわけじゃないのよ。ご乱心してはないのよ。わかる?

これはね、人助けなの。

ちょっと身の上話いい?
とりま身の上キメちゃうよ。

 


(※画像は本筋とあまり関係ない、でんでん虫の僕)

 

僕の友人にH君ってのがいてね。

まぁ真面目でいい奴なんだけど。

なんか今いい感じになってる女子がいるらしくて。

んで、僕がこーゆーウンチみたいなブログ書いてるのも知っててね。通称ウンブロね。

 

ここまでが前提知識ね。
ちゃんとついてきてる?

ブラウザのバックボタン押した奴、全員生霊飛ばすからな? 呪い殺されたくなかったら全部読めよ?

 


(※写真は本筋とあまり関係ない、千円札の僕)

 

んでんで。

ある日突然、焼酎のオススメ記事を書いてほしいってお願いがきて。H君から。

え? 突然なに? ってなんじゃん。とりあえず仔細聞かせ給えってなるよね。

そしたら、件の気になってる女子(30代)が焼酎好きらしく。バレンタインデーに何か気の利いた焼酎をプレゼントしたいんだと。

ほうほう。

でも、自分はお酒飲まないから、何を選んでいいか全然分からないと。

ふむふむ。

だから、焼酎のオススメ記事を書いてほしいと。予算は五千円以内で。

ほぉーん。。。

 


(※五千円)

 

まぁ何となく途中から予想付いてたけど。
便利屋か何かですか、僕は。

しかし、焼酎飲まない僕にオススメ記事依頼するって、既に勝負を捨ててる気がするけど大丈夫なのかな、H君。

ちなみに、報酬はこの記事のアフィから商品を購入してくれるとのこと。あ、ありがとう…。

報酬が発生する以上、これはライティング案件と言っていいでしょう。初依頼です。めでたき。

自分で書いててなんですが、今マジでゴールが見えてません。暗中模索 feat. 五里霧中です。とりあえず、頑張る所存。

 

はい、ここまでが経緯。
皆ついてこいよー頼む頼むー。

最高の焼酎を探す旅へ

そんなわけで、最高のプレゼント用焼酎を探す旅に出るぜ! 知識がない分は足でカバーだ!

先述したように、ターゲット及び条件は女性・30代・焼酎好き・バレンタイン・5,000円以内!

俺様の華麗なる執筆に酔いな?
アフィリエイトのお手本を見せてやるぜ!

 

それでは、しゅっぱぁーーーつ!!


天気が不穏すぎて笑う。

行く末の未来を暗示しているかのよう。

 

とりあえず、お酒といえばここ行っとけば間違いないってとこを押さえておきましょう。

 

 


そう、ドン・キホーテです。

ほら、もうのぼりに「酒」って書いてるから。間違いないよね。この時点で皆様からの信用が失墜したことは自覚してる。


お酒コーナー見っけ。

普段、絶対立ち止まらないエリアだな。
このラインナップは。


もうこれでいいんじゃない?

誰もが好きでしょ、黒霧島って。大学生の頃、こいつをラッパ飲みしてゲロ吐きまくったのは良い思い出。

きっと彼女も好きなはずだって。

紙パックで、ワイルドな男らしさをアピールしちゃおう☆


裏側にちゃんとした瓶コーナーがあったわ。

すまんすまん。


お、これいいねぇ。

迫真の筆文字もぐらがそそりますねぇ。


ダイイングメッセージみたいなフォントでお言葉が書かれてます。

僕が貰う側だったらふつーに気になっちゃうわ。あえての逆張りでアリかもよ、これ。


もぐらの横にさそりもいた。


がつんとひびくそうです。

いちいちメッセージ性が強い。


これら2本は「さつま無双」さんの焼酎だそうですね。

ラベルで笑かしにきよるな、ここ。個性的で良き。ジャケ買いならぬラベル買いもありじゃない?(味は保証しない)

はいH君! じゃあ選んでいいよ! もぐらとさそり、どっちが良い? もう決めて! 今すぐ!

 


とりあえず焼酎で謝辞を述べとくわ。

多分、今回企画倒れすると思う。

 

いかんいかん、ちょっとふざけすぎたな。

そもそも、ドンキでギフトを選ぶのは悪手だ。モノが悪いってことじゃなく、いつかバレる可能性があるからな。「ドンキに売ってんじゃん!」て。僕が彼女の立場なら、鈍器で凶行に及ぶね。

そんなH君の未来は目も当てられない。僕は責任は一切負わないけどね。NC/NRでお願いします。

 

 


そんなわけで、ちゃんとしたお酒屋さんに来ました。

門司区にある「田村本店」さんです。北九州の中でも有名なお店。特徴は神接客。


オッシャレやな〜〜〜。
ウッドな雰囲気が、すごく心地良い。

あいつの酒選ぶのにはもったいなくねぇか?


焼酎コーナー発見。

 


手始めに、分散して捜索を開始します。


なんかカッケーのがあんな。

「大海時空」っていう名前らしい。いいじゃん。大人感あるよ、これ。


値段も大人感あるけど。


またカッケーのがあんな。

「紫極(むらさききわみ)」ってやつらしい。

種子島紫芋を原料にした、贅沢な味わいなんだって。「極」ってついてるくらいだしね。


値段も極まってるけど。

 

いや、わかってる。わかってるよ。前提条件くらい覚えてる。でも、これくらい突き抜けた方がいいんじゃないかな? 予算がたったの2倍になるだけじゃん? え? ダメ?

もーしゃーねーなぁー。

 


じゃあもう瓷(かめ)いっとこう。

これを手渡ししよう。インパクト大だよ。仙人みたいで素敵!ってなるから。霞ツマミに飲も!ってなるから。


ほら、値段も予算内だよ。

かー俺って仕事できるわー


お気に召さないなら、もう一種類あるから。


ほら、こっちも予算内。
俺ってビジネスマンとして優秀だわほんとー

バレンタインは瓷渡しで決まりね。

 

え、ダメ?

 

はぁー。

なんかもうやる気なくなってきちゃったなーぼくー。あれもダメ、これもダメってさぁー。

ぴーろぴろぴろぽぽぽぽーーーん

 


とりあえず、個人的に欲しかったお酒があったのでふつーに買う。


抹茶のリキュールと、リースリングの白ワイン。

抹茶のやつは、前に「ウイスキートーク」ってイベントで試飲した時にすごい美味しくて、ずっと買おうって思ってたんだよね〜。ちょうどあったから買っちゃった〜。


余談だけど、豆乳とカカオの珍しいリキュールが入荷したばかりらしく。

へぇ〜って思ってお店で見てたんだけど。


そしたら、小瓶に詰めてサービスしてくれました。

まごう事なき神接客。「田村本店」さん、ありがとうございました。また行きます。

 

話が大脱線事故起こしちゃってますが、ほんとどうしようこれ。

もう3,000字くらい書いてんだけど、何一つ進展してないという恐ろしさよ。

あーやばいやばい。こんなの引き受けるんじゃなかったーーーー

 

 


一旦、お酒でも飲んで落ち着きますか。

焼酎の記事でウイスキーを飲む不届き者は、後にも先にも恐らく僕だけでしょう。

 

いやーしかしどうすっかなほんと。

ぶっちゃけやる気もなくなってきてるしな。でもアフィリエイトのお手本って書いちゃったしな…。あのくだり、後で消しとくか。

うーむ。。。

 

 

 

 

 


――ここで醤油・酢・砂糖を合わせ、煮込み用の調味料を作ります。


鶏もも肉は包丁で筋切りし、縮まないようにしておきましょう。


鶏もも肉の皮が下になるようにして、鍋に広げます。合わせ調味料を加えたら、煮込んでいきます。


沸騰するまで強火、あとは弱火で10分、ひっくり返して10分。最後にお好みでタレを煮詰めてください。


「鶏の照り煮」の完成です。

 

 

 

 

 

 


色々考えた結果、ネットで探すのが一番だという結論に辿り着きました。どうも、ネットの申し子です。

ギフト系って、Amazonよりも楽天市場の方が充実してるイメージがあるので、楽天を掘っていきましょう。

僕くらいのネット上級者になると、的確な検索ワードで一撃です。

 


一撃でダメでした。

 


しょうがないので、普通に探します。

ほーん…どれどれ。


お! 何かこれ良さそうじゃん!! こーゆーのは直感が大事だから。ふぃーりんぐふぃーりんぐ。

値段も3,958円! 予算内!


(クリックすると楽天市場の商品ページに移動します)

田苑の飲み比べセット「OTOYOI」だって。聞いたことあるよ、田苑って。

しかもこれ、クラシックの名曲をモチーフにして5つの味わいを作ったんだって。なにそれ、行き過ぎたオシャレじゃん。「OTOYOI」って、『音酔い』ってことなんかな?

ボトルデザインも良いし、これでいいんじゃねぇ? 女子はこーゆーの好きでしょ女子は。知らんけど。

 

 

 

 


確かに、持ってみると分かるけど小ぶりで可愛らしい。


シールの裏側に音符のプリントが。

素敵 of 素敵。


5つの味わいを一度に楽しめるのは、お得感もあっていいよね。

この配置、戦隊ヒーロー感あるね。


普段焼酎を飲まない僕だけど、これは飲みやすくていい。でも、飲みごたえもちゃんとある。


鶏の照り煮とも、相性ばっちり。美味いわー酒進むわー。

 


そんなわけで、我が家には誰にもプレゼントされない悲しき運命の焼酎セットがあります。H君、飲みかけで良かったら差し上げますが、いかがでしょう?

 

紆余曲折ありましたが、結果的に最高の焼酎を見つけられました。ネットさいつよ。

報酬を考えると完全にマイナスなんですが、いいんです。友のためなんで。

つーか俺が買ったんだから絶対買えよ? な? 聞いてるか、H? 買ったら写メ撮って証拠送れよ? 写メて。

 

彼の恋模様が、良い方向に進むことを願うばかりです。

皆様も、機会があれば田苑の飲み比べセット「OTOYOI」をどうぞどうぞ。

 

おわり。

余談

僕のセンスが弾けたナイスなチョイスだと思ってたんだけど。


これ、手渡しには正直不向きなサイズだわ。

H君、正直すまんかった。でも買ってね。

 

余談2


採用を見送った、でんでん虫の別案です。

こちらを含め、冒頭の素敵なイラストはえふめん君(@fmeeen)に協力してもらいました。ありがとうございます。

 

でんでんせんえんで、でんえんだぜーぃ

しょぉぉーーーもねぇぇーーーぶびょびょびょぼげぼばぁぁぁぁぁーーーーーーーー

 

 

 

おわりのおわり。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました