【八幡西区】「銀河のチャンポン」のカツのせ焼きそばはボリュームがえげつない

ご飯
スポンサーリンク

チャンポン屋なのに、焼きそばを食べるっていうね。

 

北九州市の左の方に、八幡西区っていうエリアがあるんですよ。そこに永犬丸(えいのまる)っつー場所があって、南北に走る大通りがあるんですよ。その大通り沿いにある店なんですよ。


はい、というわけでこちら。
「銀河のチャンポン」さんです。

信じられないほど雑な所在地の説明でしたが、いいんです。超有名店なんで。


離れた所からも分かるように、超目立つ看板も立ってますしね。

「名物」って自分で言っちゃってるよ。
すごい自信だな。


それもそのはず。

お昼前ですが、お店の駐車場にはこのようにズラーーっと車の列が。駐車場は他にもあるのですが、どこもこんな状態です。

考えられます? この人達全員、チャンポンか焼きそば食べるために来てるんですよ。たかが、チャンポンか焼きそばですよ?

頭おかしい(自分含め)


お店の入り口がこちら。

なかなか特徴的な外観ですよね。中でサーカスとかやってそう。ちなみに、「銀河」と謳っていますが、スペーシー感はどこにもありません。謎。


入店&着席&メニュー。

見ての通り、「銀河のチャンポン」という店名ですが、焼きそばも看板メニュー的な感じなんですよね。チャンポンと焼きそばの二本柱で成り立っています。どっちもボリューム激MAXです。

ちなみに僕はAlways焼きそば派です。今回、胃腸の調子が良いので「カツのせ焼きそば」をオーダーしました。


カウンターに目をやると、既にパンパン状態。

たまたまですが、皆さんチャンパー(意:チャンポン食べてる人)でした。


テーブル席もこのように確保されてます。これは極々一部のテーブルで、トータルだと50席以上あります。マジ箱デカい。

ピークタイムになると、満席になって並びの列ができちゃったりもするんですよ。この写真は、そんな中で奇跡的にノーゲストになった瞬間を写真に収めた大変貴重な資料です。©tdk


そうこうしてたらやってきました。「カツのせ焼きそば」です。今回、生卵を目玉焼きにしてもらいました。

鉄板に、山盛りの焼きそばとチキンカツが3つ乗っています。めっちゃデカい。


どれくらいデカいかというと、これくらいデカい。

成人男性(30歳・既婚・最近の悩みはお腹が出てきたこと)の手のひらよりも遥かにデカいです。大丈夫? これ、ちゃんと胃袋に納まる? 体積的に。


不安を抱えてるだけじゃ未来は拓けないので、まずは卵の黄身を崩していきます。

半熟ゥーーーーーーーーー


その崩した黄身に麺を絡めて…


食べる! ぎゃー美味い!!

デフォで味濃い目です。
ソースがソースソースしてきます。


チキンカツ。大ぶり。

黄身が滴る箸で失礼します。ふと思ったんですが、これも変則的な親子丼的なアレですかね? 鶏と卵…。人の業深い案件です。


チキンカツには申し訳程度の量のソースしかかかってないので、卓上に置いてあるソースでお好みの加減に調整しましょう。


断面はこんな感じ。衣はサクッと、中はジューシーで美味しい。

しかし、ソースの香りは食欲を本当に刺激してくれますね。珍しく胃腸の調子が良いこともあり、順調に食べ進めます。これは完全攻略が見えてきたぞー。

 


しかし減らねぇな。

やばい、マジ量多い。体調良くても太刀打ちできない。まだレベルが足りなかったか…。強化魔法習得してくるんだった。


途中、ソースに「最近調子どう?」など語りかけつつ、お茶を濁したりして…


何とか完食。満腹だけど満身創痍。

ヤバい…これからお客さんと打合せなのに、打合せできる気がしない…。とりあえず横にならせて。あと、できれば胃腸薬をちょうだい。

 

というわけで、「銀河のチャンポン」さんでした。

焼きそばも美味しいですが、もちろんチャンポンもオススメですよ。カツが乗ったチャンポンもなかなかインパクトがあります。

ランチタイムはお客さんがかなり殺到するんで、ちょっと時間をずらしてみるのがいいと思います。八幡に行くことがあれば、是非。

 

ごちそうさまでした。(調子が良い時に)また行きます。

 

「銀河のチャンポン」

場所:〒807-0856 福岡県北九州市八幡西区八枝5-4-20

TEL:093-602-2040

コメント

タイトルとURLをコピーしました