【小倉北区】中島の「日の出食堂」の定食は、感動の美味しさ

ご飯
スポンサーリンク

手間暇かけて作ってあるのが分かる定食。

 


高山質屋がある、香春口のでっかい交差点を大手町方面へ。すると、左手にお店が見えてきます。以前紹介した、「花子そば・うどん」の向かい側の通りですね。

 


「日の出食堂」さんです。

こじんまりとした佇まいです。


店内。

とっても綺麗だし、新しい感じがしますね。


漫画もしっかり完備。

お、『ドンケツ』置いてあるじゃーんわかってるね〜〜。漫画のラインナップで、その定食屋の“センス”が問われます。

 


おしながき。

今回は「チキン南蛮定食」をオーダーしました。ハイカロリー上等。


うらめん。

ちょっとした晩酌も出来そうですね。


料理が出来るまでの間ヒマなので、外でも眺めて黄昏ておきます。

老後みたいな過ごし方。


卓上には調味料各種が。やることがないので爪楊枝の本数でも数えておきます。

駄目だった人生の老後。

 


きました。ボリュームグンバツ。

まず目に止まるのは、何といってもこの、


箸袋に載ってる桃太郎ですね。

何とも間の抜けた表情をしています。きみ、ホントにそののぼりを掲げる覚悟ある?


チキン南蛮ばーーん!!

でも、先にサイドメニューから掘り下げていきます。じらしていきます。


小鉢。

里芋の豚肉の煮物みたいな。
味が染みてて美味しい。


お漬け物。

ごま油が効いた、珍しい味付け。
漏れなく美味しい。


お味噌汁。

しっかり出汁が効いています。
美味しくて美味しい。


さて、バンドメンバー的紹介の後、巡り巡ってチキン南蛮に戻って参りました。

これを「南蛮の輪廻」と呼びます。


タルタルソースの量がエグい。

来たるタルタル。


うんめーーーーーーーー!!!!!!!

ここのチキン南蛮は、じゅんわり系の南蛮ですね。しっとりと柔らかい鶏肉、タレを吸った衣、来たるタルタルソース、三位一体でとてつもないD.P.(※)を放っています。

(※デリシャスパワーの略)

 


ふー、ボリュームすごいわ。

ノンストップで食べました。
うおォン。俺はまるで人間暴走特急だ。

 

というわけで、「日の出食堂」さんでした。

ここの定食は、一品一品が全部美味しいんですよね。

小鉢もしっかり作ってある。お味噌汁はワカメも太くてプリプリ、豆腐も味が濃い。何なら、サラダ食べただけでも美味っ…!ってなります。ご飯も良いお米を、丁寧に炊いてあるのが分かります。

それだけ手間暇かかってあるのが透けて見えるので、本当に素晴らしい。お店の方もみんな愛想が良くて、笑顔が素敵な人ばかり。

いかに自分が屈折した人間かがありありと感じさせられますね。まぶしい。

そう…、ここは「日の出」食堂。

 

ごちそうさまでした。また行きます。

予約はこちらからどうぞ。

 

「日の出食堂」

場所:〒802-0076 福岡県北九州市小倉北区中島1-17-25

TEL:093-383-5208

コメント

タイトルとURLをコピーしました