中国のカップヌードル「合味道 麻辣牛肉風味」を食べてみた

ご飯
スポンサーリンク

意外と美味いやーつ。

 

ある日。

お家にいたらお腹が空いたんで、キッチンのカップ麺ストックコーナーをゴソゴソやってたんですけど。


見覚えのないこんなのが出てきまして。

最初、パチもんのカップヌードルやん!ってなったんですけど、調べたら立派なオフィシャル中国版らしくて。

あーそういえば、前に妻が中国旅行行ってたなー、なんかお土産で買って帰ってたわーと思い出しまして。

 

面白そうなんで、妻の許可を取らずに食べることにします。

まだバレてないはずなんですが、妻は僕のブログを頻繁に見に来るので、多分この記事でバレます。ごめんなさい。肩パンで許して。


というわけでこちら。
「合味道 麻辣牛肉風味」です。

合味道は、ハップ・メイ・ドウと読むらしい。
カップ・ヌー・ドルに若干近いニュアンス。


漢字だらけで全然わかんない。

ここは日本だぞ! 日本語使え!


なんかQRコードが付いてますね。

読み取ってみると、


なぜかWeChatのアプリに誘導されました。

初めて見るアプリだけど、1億以上ダウンロードされてんのか。すげぇ。


裏面には、日付が書いてあります。

何となーく、生産日と賞味期限だということが分かりますね。

賞味期限が9/26で、食べたのが2日前なので9/19です。けっこうギリギリじゃん。

やっぱ食べててよかったわ。だから許して。


フタを開けると、なにやら毒々しい色をしたフォークが。食欲を萎えさせていくスタンス。


組み立てる系。向こうでは、フォークが付属するのが一般的なんですかね?


てなわけで、中のフタを外していきます。


またフタァ!!?

厳重すぎだろ。マトリョーシカ構造かよ。


というわけで、2枚のフタを剥がす労力を駆使して、ご対面。

大噴火後の滅亡した世界って感じ。

 


ノーモーション湯入れ。

3分経ちました。飛び散ってるのが汚い。


それでは、食べてみます。

 

おぉーう。なかなかにエスニック。

麺からパクチーみたいな香草系の香りがしますね。練り込まれてあるのかな?

スープはしっかり辛めだけど、旨味が効いてて普通に美味しい。牛肉らしき加工肉もいっぱい入ってて、ディストピア感あって面白い。

麺の香りに慣れたら、割と美味しいなーってなりました。全然アリ。

 


ちなみに、付属のスプーンだとくっっそ食べづらいんで、1口目以降は普通のフォークで食べてました。

 

ごちそうさまでした。恐らく中国に行くことはないので、多分もう食べる機会はないと思いますが、僕の胸の内に留めておこうと思います。

君のことは忘れないよ、ハップメイドゥー。

 


あと、食べ終わったあとのスープを覗くと、「深淵」って感じがします。

 

深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ
[1844-1900]

 

おわり。

 


【追記】

結局、妻にはTwitter経由で速攻バレました。


ですが、頑なに否定を続けることで何とか事なきを得ました。皆さんも、冤罪をかけられた時は強い意思で否定しましょう。

あと、背景がうさまるなのは気にしないでください。

 


 

本当におわり。

 

なんとなく属性が近い記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました