【小倉北区】ラーメン「 一平」のとんかつ定食は鉄板ランチ

ご飯
スポンサーリンク

ラーメン屋なのに、とんかつ。

 


小倉駅の南口を出てすぐの、マクドナルドとロッテリアに挟まれた横道へ。


そこは、ストリップ劇場薔薇族の映画館大人のオモチャ屋などがひしめく小倉のディープスポット。

てか、駅のド近くにあるってどうなのこれ。小倉の子ども達はここを見て育つのかい? たくましくなるなぁ。

 


そんなエリアに佇む老舗ラーメン屋がこちら。「一平 本店」さんです。

もう立て看板に出ちゃってますね。今回のお目当て、『とんかつ定食』です。ランチだと600円という爆安価格(平時は750円)


店内。老舗感満載。

夏場に行くと、あんまり冷房効いてなかったりする。そーゆーのがまたいいんだよなぁ。


お水のグラスも、こんな感じ。
いいねいいねー。

懐かしの“昭和”を感じられますね。
ちなみに平成生まれです。


でも、卓上はしっかりキレイ。良き。

締めるとこは締める、それが老舗たる所以。

メニュー。

黄色×赤という、フルパワーにパワフルで力強い様相を呈す。

一応裏面も。

そういえば、ヤキメシとかタンメンとか食べたことないなぁ。


どうでもいいけど、(スープ魅力)って自分で書いちゃうのどうなの。要審議でしょこれ。

まぁ、ラーメンもめっちゃ美味しいんですけど。小倉のソウルフードの一つと言ってもいいでしょう。

 


しかし今回の目的はこちら、とんかつ定食です。

うーーんまちょーーーーーー


とても600円とは思えない高貴な輝きをまとっています。

ソースはウスターやケチャップが混じったような感じで、ひっじょーに慣れ親しんだ味わいです。果てしなく落ち着く。リラクゼーションソースと名付けましょう。


絶対美味いやんこの断面。断面界イチ。

衣の風味が変わっていて、どことなくチーズっぽい香りがします。粉チーズとか混ぜてるのかな? わかんない。


ラーメン屋の定食のお決まり、スープはラーメンスープを流用。

なんか得した気分になるよね。ラーメンの味も一緒に味わえるなんて。僕はいつもここに紅生姜部隊を投擲して楽しみます。

 

というわけで、「一平 本店」さんでした。

大将は基本無口で、いつも黙々と仕込みをしています。一度、この人永遠にキャベツ切るのかな?ってくらいキャベツを切り続けてました。

見た目も強面ですが、お会計の時とかに話すとやさしい雰囲気なので、ギャップ萌え対象の大将です。

 

「本店」とある通り、支店の「ニュー 一平」が近くの魚町銀天街の中にあるのですが、とんかつ定食は本店のみです。ニューて。いい意味で凄まじきセンスの持ち主。

しかし、600円でとんかつ定食はホントにありがたい。庶民の味方ですね。

 

ごちそうさまでした。また行きます。

予約はこちらからどうぞ。

 

「一平 本店」

場所:〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町2-6-2

TEL:093-521-4543

 

関係があるようでないような、よくわかんない記事がこちら。

コメント