【港区】赤坂「SAFARI」の名物カレー『ドロワット』を食す

ご飯
スポンサーリンク

日本では珍しいエチオピアカレーです。

 

福岡在住のしょぼいブロガーtdkなんですが、出張で東京の赤坂に来てまして。

 

何気なく寄った「BAR DECE」さんで隣り合ったお客さんが赤坂勤務の方で、この辺のいい感じのお店を色々教えてもらったんですよね。で、その一つがSAFARI(サファリ)さんだったってわけです。

ここのカレーは絶対食べるべきだと短時間に3回くらい念押しされました。

それなら行くしかないだろと。


そんなわけで翌日に訪問。

赤坂駅と赤坂見附駅の中間くらいの場所。


「ドロワット」の立て看板が。

おぉ、これだこれだ。
シン・ゴジラっぽいフォントで書かれてますね。

お店は2Fにあります。

「SAFARI AFRICAN RESTAURANT BAR」さんです。アフリカ料理専門店です。

ここだけ見るとクラブの入り口みたい。


入り口〜カウンター。

雑然としてますが、キレイな感じ。


店内。

テーブル席がそこかしこに。


みなぎるアフリカ感ッッ…!

飾られてる旗を見る限り、10年以上続いてるお店っぽいですね。


メニュー。

下段のアフリカごはんっていうのもすごい気になるんですが。


初心を忘れるべからず。

「ドロワット」をオーダーです。


まずはサラダから来るパターン。

オーロラソースっぽいドレッシングが、既に辛い。


来ましたぁ!!

こーれが「ドロワット」ですかぁーー


まずはライスをチェック。

サフランの主張強めな色合い。
デフォで大盛りです。


そしてエチオピアカレー「ドロワット」です。

赤茶色のルーが禍々しくも、美味しそう。水は一切使っておらず、野菜の水分だけで煮込んであるんだそう。

あと、たっぷりのチキンと、『バレバレ』というエチオピアの伝統的なスパイスをふんだんに使っているとのこと。

バレバレはバルバレとかベルベレとか色んな呼び方があるっぽい。

 

…うん。

冷静に解説してるけど、めっっっっちゃ辛いからね。汗噴き出る。


何というか、独特な味わいですね。すっごい美味しいんだけど、例えられないというか。今まで食べたことない味だからかな。

濃厚で複雑な旨味とトマトの酸味に対して、スパイスがストレートに直撃してくるのが印象的ですね。うーむ、これ以上表現できない。フワッとしたことしか言えない。

とりあえず、めちゃくちゃ辛い。
芯に響く辛さ。


あと、チキンたっぷりすぎ。

ゴロッゴロおるやん。ライスもそうだけど、ボリュームぱねぇ。


後半、辛さを和らげてくれる「ビーンズサラダ」を店主がサービスしてくれたので、混ぜて食べる。

サラダを混ぜるって斬新だな。
でも確かに、辛味が落ち着いてきた。


↑店主

めっちゃくちゃ気さく。この時お店がゆっくりしてるせいもあってか、ずーっとしゃべってた。

母国アフリカの話とか、外国行くならどこがオススメとか、果ては最近の飲食景気の悪さを憂う話までしました。なんでやねん。

「SAFARI」は、何でも東京の別の場所で30年くらいやっていて、赤坂に移転して10年ほどなんだそう。色々話しすぎて若干うろ覚えですが、そんな感じのことをおっしゃってました。老舗も老舗ですやん。

 

夜は、アフリカビールやアフリカワインなどのお酒を提供しているのだそう。

そしてダチョウ・ワニ・カンガルーなどの珍しい肉料理も出すんだとか。気になりすぎる。ちらっとメニュー見たら、「カンガルーの唐揚げ」とかあって笑った。

機会があれば、夜にも行ってみたいですね。

 

ありがとうございます。

ごちそうさまでした。

 

「SAFARI AFRICAN RESTAURANT BAR」

場所:〒107-0052 東京都港区赤坂3-13-1 ベルズ赤坂 2F

TEL:03-5571-5854

コメント

タイトルとURLをコピーしました