>> 今週の特集「まだ見ぬエッチな単語を探そう!」

ドメインパワーは自力で被リンク獲得しまくったら本当に上がるのか?【検証】

ブログ
スポンサーリンク

 

素人ながらもブログをやってると、ドメインパワーがどうのこうのという話は嫌でも耳に入ってきます。

ドメインパワーはいわゆる「ブログ(サイト)の戦闘力」なんて言われたりもしますが、最近はそんな気にするような数値でもないなんて意見もあったり。

 

そんなドメインパワーとやら。

良質な被リンクを獲得すれば簡単に上がるという情報を聞いたので、暇つぶしがてら検証してみました。

 

ちなみに、パワー検証にあたりお馴染みの「パワーランクチェックツール」を使用し、被リンク登録前と登録後に約3ヶ月間の期間を設けました。

スポンサーリンク

2023年1月のドメインパワー

当時のドメインパワーは23.6

まぁ鳴かず飛ばずの個人ブログなんてこんなもんでしょう。

 

分析結果レポート。

5)の被リンク元サイトのリンク品質が見事にゼロですね。そもそも被リンク自体そんな受けてないんでこんなもんでしょう。

ここから被リンク系サービスを片っ端から登録しまくりました。詳細は後述。

 

2023年4月のドメインパワー

そして3ヶ月後のドメインパワーが32.0

数値上は8.4上がった結果となりました。

 

5)の被リンク元サイトのリンク品質が、3ヶ月前と比較して目に見えて上昇してます。

登録した分、7)の被リンクIP数も微増もしてますね。

 

登録したサービス一覧

  1. ペライチ
  2. プロフカード
  3. HTML名刺
  4. Lit.Link
  5. Linktree
  6. InstaBio
  7. handshake
  8. Snaplist
  9. knoow
  10. Profiee
  11. Potofu
  12. プロフリ
  13. Beacons
  14. Qiita
  15. foriio
  16. DeviantArt
  17. ウォンテッドリー
  18. Pinterest
  19. note
  20. Discord
  21. みんなのブログランキング
  22. Blog Map
  23. ブロググ
  24. アクセスSEO対策ツールズ
  25. ブログサークル
  26. にほんブログ村
  27. 人気ブログランキング
  28. FC2ブログランキング

ざっと27個です。

登録の仕方は適当に調べてください。

 

備考として、

  • PinterestとnoteとDiscordはnofollow扱いなので意味無し?
  • PinterestのRSSフィードを使った自動投稿設定はちょっと手こずる
  • ブロググ、アクセスSEO対策ツールズは審査が入るのでやるなら早めが吉
  • FC2ブログランキングはサイトUIが悪すぎて登録ページに辿り着くまでが難儀
  • ランキング系はスパム対策にWordPress Ping Optimizerのプラグイン入れて対応
  • 色んなサービスからめちゃくちゃメールが来るようになる

こんな感じ。

 

まとめ

そんなわけで、ドメインパワーは自力で被リンク獲得しまくったら上がる、という結果になりました。

no follow属性のサービスもちょいちょいありましたが、最近Googleはそれらのリンクに対して「no follow遵守を止めてヒントとして扱う」と言ってましたね。その辺はどんな感じなんでしょうか。

 

ちなみに被リンク系は他にも山ほどあったんで、色々探してみてください。

おわり。

コメント