>> 今週の特集「まだ見ぬエッチな単語を探そう!」

僕の館内着コレクション【ホテル・サウナ】

旅行
スポンサーリンク

 

僕は旅行が割と好きで、各地に行ってはホテルやサウナを巡ることを趣味にしています。

現地で泊まった先の「館内着」の写真がそこそこ溜まってきたので、備忘録的にまとめ記事を作りました。

意外と館内着の情報ってないのよね。ダサいのからシュッとしたのまで目白押し。

何となく南から北上していくラインナップにしてます。

スポンサーリンク

湯らっくす(熊本)


サウナ西の聖地「湯らっくす」です。

今のところ人生最高のサウナでした。全てが良かったけど、特に蒸風呂サウナが凄すぎて怖かった。


館内着は黒をベースとしたパンツスタイルで、右胸に「ゆ」のアイコンが。

サイズもタイトめでリラックスながらもシュッとした感じ。

 

ホテル法華クラブ熊本(熊本)


熊本旅行2日目に泊まったホテル「法華クラブ」。

撮り忘れたので写真は公式サイトより引用。


館内着は患者が来てそうなボタン留め式のロング丈。

あんまりオシャレではないし、ズボンがないとスースーして落ち着かない。

 

キャビナス(福岡・博多)


博多駅から徒歩1分という超絶好立地のサウナホテル「キャビナス」。

多い時は月1くらいで行ってた。突出した良さはないけど、マジで不満点がないバランスのとれた名サウナ。


よく行くのに何故か写真撮ってなかったので、キャビナスのレストランで友人とくつろいでる写真で代用。

グレーに黄色のラインが入ったデザインで、パンツスタイルの館内着。ポップな感じで可もなく不可もなく。これくらいがちょうどいい。

 

ニュージャパンEX(広島)


広島サウナの雄「ニュージャパンEX」です。

繁華街『薬研堀』のド真ん中にある、酒飲みには嬉しい立地。30分毎に行われるオートロウリュが最高。


館内着はベージュ系で作務衣スタイル。

THE・館内着って感じ。作務衣って着たり脱いだりがちょっと面倒よね。

 

アムザ(大阪・難波)


大阪三大サウナが一つ、難波の「アムザ」。

道頓堀からすぐ近くの好立地。欠点が見当たらないキャビナス的な名サウナ。


館内着はロング丈の作務衣スタイル。

スースーするし着たり脱いだりは面倒だしちょっと嫌。ただ、ここまでくると「スパ銭に来てるぞ」感が出て逆にワクワクしてきたり。

ポケットがないのが地味に不便。

 

世界の大温泉(大阪・新世界)


通天閣からほど近く、巨大スパ施設「世界の大温泉」です。

バブリーな匂いが残る、金かけまくりの浴場内装は圧巻の一言。


館内着は水色×青色のポップなデザインでパンツスタイル。特にオシャレって感じではない。

段々と清掃員のおじさんに見えてくる。

 

大東洋(大阪・梅田)


大阪三大サウナが一つ、梅田の「大東洋」。

梅田駅めっちゃ近く、10℃以下の水風呂(通称シングル)が備えてある気合入ったサウナ。


館内着はベージュ系のパンツスタイル。

ただ、パンツが小錦くらいしか履けなそうなダボダボサイズなので、皆こうやってサウナパンツ履いて代用してた。

 

ニュージャパン梅田(大阪・梅田)


大阪三大サウナが一つ、梅田の「ニュージャパン梅田」。

かつては難波にも「ニュージャパン難波」があったそうだが、そちらは閉店してしまったらしい。


唯一無二のガウンスタイル。

はだけないように注意して腰紐を結ばなければいけない。作務衣を超える、最高に面倒くさい館内着といえる。正直やめてほしい。

 

ルーマプラザ(京都・祇園)


京都サウナの聖地「ルーマプラザ」です。

観光名所・錦市場のすぐ近く、繁華街らしいややコンパクトな名サウナ。


館内着は上ベージュ×下ブラウンのパンツスタイル。

パンツはかなりダボダボなので注意。


あと何故か靴下も支給される。宿泊者は共用のスリッパを使うことがあるので、そのためかな?

そして何故か足袋タイプ。

 

サウナフジ(愛知・名古屋)


栄の老舗・「サウナフジ」です。

整い椅子が24脚も置いてある、最高のサウナ。正直、ウェルビーより好きかも。


館内着はブラウンのゆったりめのボタン留め式。

ボタンが固くてちょっとだけ着にくい。

 

ウェルビー今池(愛知・名古屋)


名古屋と言えばウェルビー。栄と今池に2店あります。

今回は今池を訪問。近くに「ウェルビー通り」というアーチ看板があって笑った。


館内着はゆるすぎずなブルーのボタン留め式。

栄のウェルビーも行ったことあるけど、栄の方が好みでした。

 

かじまちの湯 SPA SOLANI(静岡・浜松)


浜松駅すぐ近く、商業施設内にあるホテル「SPA SOLANI」です。

カプセル以上個室未満なちょうど良いくつろぎ感が堪能できる。


館内着は黒の作務衣タイプ。

シュッとしててカッコいい。

 

水の音(神奈川・箱根)


箱根小涌谷温泉の旅館「水の音」。

名前の通り、水のせせらぎと豊かな緑に包まれた雰囲気が良い所。


館内着はベージュの作務衣にブルーの羽織物。

友達と一緒にアルバムジャケット風にポージング決めました。

 

ファーストキャビン赤坂(東京・赤坂)


赤坂駅2番出口から徒歩30秒にある「ファーストキャビン赤坂」。

オシャレでモダンなイケイケカプセルホテル。


館内着は黒をベースとしたデザインで、サイズ感がめちゃくちゃいい感じでオシャレ。

ゆるめの半袖で着心地もすごく良い。「上質」を具現化したナイトウェア。

 

ファーストキャビン羽田ターミナル1(東京・羽田)


羽田空港内にある「ファーストキャビン羽田ターミナル1」。

先述の赤坂と同系列のホテル。空港内にあるのはいくらなんでも便利すぎ。


館内着は赤坂と同じく黒ベースの同じもの。

やはり着心地が最高。今まで着た中で最もオシャレな館内着であると断言できる。

 

ニコーリフレ(北海道・札幌)


札幌サウナの聖地「ニコーリフレ」。

狸小路の商店街にある、ロウリュの掛け声が特徴的な地元民に愛されてそうな名サウナ。


館内着は濃いめの青×紺色でパンツスタイル。

特別オシャレというわけではないけど、動きやすくていい。クレヨンしんちゃんの2Pカラーでありそう。

 

ガーデンズキャビン(北海道・札幌)


札幌の繁華街にあるカプセルホテル「ガーデンズキャビン」。

上手いことやれば1泊3,000円を切る安さなのに、高級感あるデザインで何と大浴場とサウナ付き。


館内着は上ネイビー×下グレーのパンツスタイル。

着心地はそんなに良くなかった覚えが。忘れちゃった。

あと後ろのスリッパが台風過ぎたあとくらい乱れてる。そんな客層。

 

「僕の館内着コレクション」まとめ


というわけで「僕の館内着コレクション」でした。

今後もどんどん追加していこうと思います。

目指せ!全国制覇!

 

おわり。

コメント