【小倉北区】馬借のフレンチ「L’ami」がカジュアルに楽しめてイイ

ご飯
スポンサーリンク

ある日。

妻と休日をダラダラ過ごし、晩ご飯はピザでも取ろっかなーと適当に思ってたんです。

いざネットから注文しようとピザのサイトを開いたらですね。

 

えーとなに?メニューはどれどれ…えメニュー多っ!!てか高っ!!!ハーフ&ハーフってどうやるの?どこに載ってるの?このピザシェフってやつ?違う!!!そもそもハッピーレンジってなに!!

あぁぁぁぁぁぁぁもうめんどくせーーーーーー!!!よし、外食行くぞ!!!!支度だ!!!

となりました。文明の敗北者。

 

 

というわけで、かねてより評判を聞いていた小倉北区馬借の「L’ami(ラミ)」さんに行ってきました。

会社の上司とかもオススメしてたんですよね。

 

場所は、北九州市立医療センターの北向かいです。通りに面していますが、雑居ビルの2階に入っていて、意識して見なければなかなか気づかないレベル(写真撮るの忘れた)

階段を上がってみると、いい感じのウッドの扉が(写真撮るの忘れた)

扉を開けると、家庭的でこじんまりとした雰囲気の、隠れ家的空間のお店でした(写真撮るのわs)

何となくですが、直感的にこのお店の人は優しいんだろうなーと思いました。

 


メニュー。知らない言葉がたくさん。

自己防衛手段として、オススメのみを頼む作戦でいきます。


砂肝のコンフィと自家製ドライトマト。

しっとりとした砂肝は噛めば噛むほど味わいが。付け合せのドライトマトは、酸味と甘味のバランスが最高。正直、砂肝より好きでした。


ポワローのテリーヌ ソースフランセーズ。

はい早速知らない言葉が出てきました。ポワローとは西洋ネギのことだそう。

柔らかいネギはとても甘く、ヨーグルトのような酸味のあるソースと合わせるといい塩梅です。


2杯目はギネスを。1杯目は生を頼みましたが、撮るのをわs

瓶を飲むのは初めてですね。缶とはまた違った味わいでした(よく分かってない)


パンの3種盛。

在庫がなかったみたいなんで2種盛に。普段パンは食べないんですが、これなら毎日食べたい。


ズワイガニのグラタン。

妻が無類のグラタン好きなので。サーブされる前から、カニの香りがすごい。あと、パン頼んどいてよかった。


いつ頼んだか忘れましたが、ワインに移行。

ちょっと重ためで、でも重すぎず、かつ食事に合うものを。という煮え切らないオーダーでも快く出していただけました。香りがとてもいい(語彙力)


シャラン産鴨胸肉のソテー モリーユ茸のソース。

ここに来て未知言語のオンパレードかよ。

お肉自体にしっかり味が付いていて、薄めのソースとのバランスが最高。生きてて良かった。
水のようにワインが進みました。


ヌガーグラッセとクレームブリュレ。

優勝。そりゃアメリも好きだわ。

 

というわけで、フレンチを存分に楽しませて頂きました。

とてもカジュアルな雰囲気なので、気取らずに楽しめるのがいいですね。でも、料理はどれも抜群においしいです。

営業時間が夜の10時までなので、早めに行くのがいいと思います。

是非また行きたいです。ごちそうさまでした。

 

馬借のお店をまとめた記事もありますので、よかったらどうぞ。

 

「L’ami」

場所:〒802-0077 福岡県北九州市小倉北区馬借1-7-17 Jフィールド 2F

TEL:093-541-1773

コメント

タイトルとURLをコピーしました