2019年に食べて美味しかった料理 ベスト10

ご飯
スポンサーリンク

ノリでランキング形式にしちゃったけど、正直全部1位でも良いと思う。

 

こんにちは。

福岡県北九州市在住のtdkです。

僕は外食が結構好きで、ランチで色んなお店に行ったり、夜な夜なお外に繰り出したりしてるんですよね。

当ブログの「ご飯」というカテゴリで、飲食店の(ふざけた)レビューとかまぁまぁ書いてるんですけど。

 

で、年の暮れということなので。

2019年に食べて美味しかった料理を、ランキング形式でまとめてみることにしました。ほぼ自分のための備忘録。

基本的に語彙力がないので、読み進めていくと多分「衝撃を受けた」とか「北九州イチ」とかそんなワードが頻出すると思います。書く前から分かります。

 

もし北九州に来ることがあるなら、是非参考にしてみてください。

それでは、どうぞ〜。

スポンサーリンク

【第10位】ぼたもちの「久留米ラーメン」


北九州で久留米ラーメンを食べるなら、絶対この「ぼたもち」さんです。こってりだけれども臭みのない、旨味が凝縮されたスープが最高。写真は「のりたまラーメン」でござい。

小倉都心からは車で約40分とかなり離れてるのですが、仕事などで近くを寄る時があれば必ず食べます。

最近、行列が半端ない久留米ラーメンの超有名店にたまたま行ったんですが、拍子抜けしました。ぼたもちの方が格段に美味い。

 

【第9位】勝屋の「特製つくね」


小倉駅から徒歩15分ほどにある焼き鳥屋「勝屋」さん。当然焼き鳥も美味しいのですが、群を抜いて美味しかったのがこの「特製つくね」です。


つくねの中には細切りの軟骨が入っており、肉厚ジューシーなつくねとコリコリのなんこつのコントラストがたまらない一品。

人気No.1のメニューなのも大いに納得。

 

【第8位】ファチェの「石焼ビビンバ」


小倉駅から徒歩30分くらいの少し離れた、三萩野にある韓国料理屋「ファチェ」さんです。地元の人も意外と知らない、知る人ぞ知るお店って感じです。

石焼きビビンバだけでもメニューが20種類もあります。写真は「納豆石焼きビビンバ」ですが、マジで美味い。


ご飯のおこげも、信じられないくらいバリバリで良き。

多分ビビンバでは北九州イチです。
ほら、もう出た。

 

【第7位】まつ藤の「鮮魚刺身盛合せ」


小倉駅からモノレールで1駅、平和通り駅の真横にある創作居酒屋「まつ藤」さん。

基本、どのメニューも素晴らしいのですが、その中でもお刺身は群を抜く美味しさ。素材の新鮮さ・熟成具合はもちろん、刺し身の引き方がとても丁寧な印象です。

美味しいお刺身食べたい時は、間違いないお店ですね。

 

【第6位】四季丸の「揚げおにぎりの海鮮茶漬け」


小倉駅から徒歩20分くらいの、馬借にある海鮮居酒屋「四季丸」さん。お店に生け簀が置いてあり、自分で魚を選んで捌いてもらえます。

そんなお店でランクインしたのが「揚げおにぎりの海鮮茶漬け」です。お刺身じゃねぇのかよっていう。いや、お刺身ももちろん美味しいのよ? 誤解しないで?

これは正直、予想外の美味しさだったとか言いますか。僕はあまりお茶漬けが好きではないんですが、衝撃を受ける味わいでした。

パンチの効いたこのお茶漬けは、今まで食べた中で1番と言っていいでしょう。

 

【第5位】KENTAの「白レバー刺し」


小倉駅から直結の魚町銀天街にある焼鳥屋「KENTA」さん。焼鳥も丁寧に焼かれていて、もちろん美味しいんだけど。

「白レバー刺し」は、もう見た目から美味そうさ全開でしょこれ。ド新鮮なレバーは全く臭みがなく、噛むたびに濃厚な味わいが口の中に広がります。

だいたいお代わりしちゃう一品。

 

【第4位】きれんじ家の「本日のトンテキ」


小倉駅から徒歩20分ほどの、馬借にある豚肉料理をメインに扱う豚バル「きれんじ家」さん。

あんまり豚肉って好んで食べないんですが、ここの料理は別格です。


まるで牛肉かのような旨みと、豚の脂の甘みがたまらない嗚呼たまらない。そして肉に負けず劣らず、ソースも抜群に美味しい。

料理長のセンスが計り知れないですね。豚を扱わせたら北九州イチだと思います。

 

【第3位】BISTRO CUOCUO!の「トリッパのトマト煮込み」


小倉駅から徒歩20分ほどの、こちらも馬借にある「BISTRO CUOCUO!」さん。

イケイケな雰囲気のオーナーが繰り出す料理はどれもイケイケ。その中でも、この「トリッパのトマト煮込み」は衝撃を受けます。

濃っっ厚なトマトソースは酸味など全く無く、ただただ旨味が閉じ込められています。

そのソースに絡むトリッパは、じっくり煮込まれているのかホロホロで、適度な脂が口の中で解けてひたすらに最高。

 

【第2位】あんばいの「旨辛ッ!マーボー豆腐」


小倉駅から徒歩10分ほどにある創作居酒屋「あんばい」さん。

初めてここのマーボー豆腐を食べた時に衝撃を受けて、以来美味しいマーボー豆腐を食べたい時は「あんばい」さんに行きます。

旨みがとても強い、良い意味で日本的にローカライズされた味付けですね。


四方に置いてあるのはバゲットで、こーゆー風にマーボーをディップして食べます。変わってるでしょ? でも美味いのよ。

いやホントに素晴らしい逸品。

 

【第1位】ビストロ クオーレの「牛タングリル」


第1位はこちら。小倉駅から徒歩20分ほど、馬借にひっそりと佇む「ビストロ クオーレ」さんです。

初めて食べた時に大いなる衝撃を受けました。牛タン料理は数あれど、この料理は間違いなく北九州イチだと思います。出るわ出るわお決まりワードが。

タンの火入れが抜群に上手なんですよね。なので、歯ごたえがありつつ、するりと噛み切れて、かつジューシー。みたいな?

上にかかってるのはパルメザンチーズとバルサミコソースなんですが、この足し算も見事ですね。絶妙にクドくない味付け。

天才かな? 店主、天才かな?

 

まとめ

はい、とゆーわけで、「2019年に食べて美味しかった料理 ベスト10」でした。

第1位はビストロクオーレさんの『牛タングリル』でーす!\ワーワーパチパチパチ/

 

まぁ、冒頭でも言ったんですが全部1位でもいいくらいどれも美味しいわけで。あと、行きつけの「BLOOM」さんとか「ピアチェーレ」さんとかは出てくる料理全てが美味しいので、一品が決められなくて泣く泣く除外したり。

じゃあ尚更なんでランキング形式にしたんだよボケって感じですね。こーゆーのやってみたかったんです。てへ。

 

北九州は美味しいものばかりなので、オススメですよ。遊びに来てね。

来年も、美味しいものを食べまくりたいですねぇ。

それでは〜〜。

コメント