【レビュー】サーモスの保温マグカップで熱々のコーヒーを楽しもう

買ってよかったもの

どれくらい保温力があるか、検証しますよ。

 

お家でホットコーヒーよく飲むんだけど、夏冬問わずホットは熱々がいいよね。ホッとするよね。

僕は割とサーモス信者なので、迷うことなくサーモスの保温マグカップを買ったのです。ただ、信者だからといって盲信してはいけません。

どれくらい保温力があるか、検証しますよ(2回目)

「サーモス 保温マグカップ」


はいこちら。

サーモスの保温マグカップ「JDC-351」です。蓋付きです。


分解するとこんな感じ。洗いやすい。

あーららら。これ、奥のソファにピント合っちゃってんな。まぁいっか。


サイズ感はこんな感じ。

  • 240ml
  • 350ml

の2種類があって、僕のは240mlです。


根幹となる本体部。魔法びん構造でうんたらかんたら。食洗機も可とか。

これも微妙にピントずれてんな。どうしちまったんだおいらのスマホは。

「サーモス 保温マグカップ」の評判とか(2020年5月時点)

先に評判いったりますか!

【Amazon】

カスタマーレビュー 1,308件

☆☆☆☆☆ 50%
☆☆☆☆  28%
☆☆☆   13%
☆☆      5%
☆       4% 平均☆4.1

高評価は高評価ですね〜。ただ、「すぐ冷めた」という意見もチラホラありました。

それでは、検証してきましょう。

保温力の検証


用意したのはこちら。

200℃まで測れる温度計です。
この検証のためだけに買いました。

一般的な陶器製マグカップの場合

先に、ふつーのマグカップで検証をしてみます。

使用するサンプルはこちら。

 


熱湯を200ml投入します。

最初の時点では80℃です。


30分後。

40℃まで下がりました。


1時間後。

30℃までダウン。もはや人肌以下。

 

とまぁ、これが一般的なマグカップの保温力ということです。

サーモス保温マグカップ・蓋なしの場合


同じく熱湯を200mlでスタート。

温度計のなんか赤いやつは勢いよく伸びていき、90℃をマーク。初動から10℃違うな。なぜ。


30分後。

50℃までダウン。10℃の差はキープ。


1時間後。

40℃。ギリ人肌超え。

 

というわけで、陶器製マグカップに比べて常に10℃高い保温力となりました。

サーモス保温マグカップ・蓋ありの場合


蓋ありチャレンジです。なんか呼吸してる貝に見える。

こちらもまずは90℃をマーク。


30分後。

70℃ちょいくらい。持ちこたえてます。


1時間後。

60℃。人肌どころの騒ぎじゃないレベル。素晴らしい。

 

まぁ蓋ありなんで当然っちゃ当然なんですが、抜群の保温力を見せてくれました。

検証のまとめ

まとめるとこんな感じ。

陶器製マグカップサーモスマグカップ(蓋なし)サーモスマグカップ(蓋あり)
最初80℃90℃90℃
30分後40℃50℃70℃
1時間後30℃40℃60℃
人肌度人肌以下ギリ人肌人肌超え

分かりやすいように、人肌度も設けてみました。分かりやすいですね。

 


ちなみに、当然保冷力もばっちりあります。

といっても、容量が少な目だから冷たいものにはあんまり使わないかも。

 


僕はキューリグのコーヒーメーカーを頂き物で持ってるので、いつもこれを使って飲んでます。アメリカではメジャーなコーヒーメーカーらしい。


「Kカップ」というカプセル式で、日本では20種類くらい、アメリカでは約500種類と数の暴力で圧倒する多彩な味わいが魅力です。スターバックスのもあったりするよ。

みんなも、お家で熱々のコーヒーを楽しもう!

 

おわり。

コメント