>> 毎週土曜にブログ更新中 <<

「モルトンブラウン」レビュー|9種の香りの特徴からオススメのボディソープを紹介

買ってよかったもの
スポンサーリンク

 

イギリス生まれのフレグランスブランド、モルトンブラウン。

今回、9種の香りをご紹介しますので、参考になれば幸いです。最後にマトリクス図も作ったので、ご興味があればどうぞ。

モルトンブラウンについて


モルトンブラウンは英国王室御用達の証であるRoyal Warrantを授与している、由緒正しきブランド。

「ホテルのバスルームでモルトンブラウンを見つけたら、そのホテルの選択は正しかった」という格言があるほどです。


フルボトルはお値段も張りますが、こういったミニボトルの詰め合わせが売られています(※このセットは販売終了済)

まずはセットで買ってみて、お気に入りの香りを見つけるのがオススメですよ。参考までに、僕の手持ちのボトルを1本ずつご紹介します。

ちなみに今は10本セットの「ストッキングフィラー コレクション」が売られています。

ジンジャーリリー

香り高いリリー、温かみのあるジンジャー、カルダモンのブレンドによるエキゾチックな香りのバス&シャワージェルです。南国の楽園、タヒチからインスピレーションを受けたコレクションです。

ジンジャーとカルダモンの強い香り。そして清涼感とは真逆の、甘くねっとりと絡みつくようなフレグランス。

ハチミツのようなニュアンスも。その先に、エキゾチックな南国がうっすらと見えます。

 

スエードオリス

肌を優しく包み込むように五感に訴えかける、センシュアルでパウダリーな香りのコレクションです。オリスにシダーウッドとパチョリをブレンドし、ソフトでありながら際立つパウダリーさを感じる、モダンな香りです。

女性の化粧品のような、華やかなフレグランス。

花束に顔を近づけて思い切り嗅いだ時のような、とてもフローラルな香りです。あまり男性向きではないかも。

 

ゼラニウム ネフェルトゥム

ゼラニウム ネフェルトゥムは、イチジクの葉のアコードとオークモスのシグネチャーを持つゼラニウムに包まれた、型にはまらない神秘的な香りです。

薬草・香草系の強いフレグランスで、渋みのある薬膳的なニュアンス。

まるで森林浴をしているかのような、枝と葉のディティールある香りがしっかりと伝わります。かなり好みは分かれそう。

 

タバコアブソリュート

タバコアブソリュートとローズウッドのブレンドに、かすかなシトラスをきかせた、深く温かみのある、洗練されたウッディノートの香りです。

癖の強いウッドの香り。それを包み込むようにローズの甘いフレグランスが後を引きます。

最後に少しだけスパイシーさも漂ってくる。モルトンブラウンの中でも「香水」のようなニュアンスが強め。

 

ピンクペッパー

爽やかさとスパイスが美しく調和し、フレッシュでありながらセンシュアリティさを持ったコレクションです。ピンクペッパー、タンジェリン、ジンジャーのブレンドによる華やかなアロマが香ります。

名前の通り、アダルトでとてもスパイシーなフレグランス。

まずペッパーの香りを強く感じ、それからコロンのような甘ったるさが遅れて来ます。これを嗜むのは相当な遊び人ですね。

 

ブラックペッパー

ブラックペッパーは、冒険心に満ちたアイコニックなフレグランスです。アロマティックなカルダモンとピリッとしたアーシーなニュアンスが、心の奥底を揺さぶるような香りです。

紳士が集うBarberで香ってくるような、非常にダンディなフレグランス。

かなりオーソドックスな、王道的な香りに感じます。20~30代には少し早いボトルかも。

 

ローザアブソリュート

深紅のバラに秘められた美、愛、情熱、秘密をフレグランスで表現した、ドラマティックで情熱的、官能的な香りのコレクションです。

強いローズの香り、甘い甘いフレグランス。上質なランドリーのようなニュアンスも。

気品ある淑女が身に纏っているような、リッチな雰囲気です。かなり男性向きではないかも。

 

※既に販売終了しています。

ロシアンレザー

ロシアのレザークラフトマンシップにインスパイアされた、ダークで神秘的な深いレザーノートの香りのコレクションです。唯一無二の印象を演出してくれる香りです。

アロマティックな香りと共に、レザー特有の渋み・苦味を強く感じます。

リッチで華やかだけれども、どこか影がある。そんな落ち着いた大人のようなニュアンス。女性でこの香りを纏っていると、非常に格好良いと思います。

 

ジュニパージャズ

1920年代の“The Bright Young Things”を象徴するギャラクシーボールの雰囲気、その時代に人気のあったジンベースのカクテルを表現した華やかな香りのコレクションです。

番外編で、期間限定で発売していたフルボトルです。

甘すぎない華やかさの中に、昔ながらのBarのような古い木の香り。そしてジンの元となる香草・ジュニパーベリーのフレグランスが見え隠れします。

肩肘を張らないJazz Barでの喧騒が浮かぶような、大人で複雑な香りです。

 

※期間限定なので、既に販売してません。

好きな香りランキングとマトリクス図

筆者である僕の独断で順位をつけます。

30代・男性の好みそうなランキングと見てもらっても構いません。プレゼントの参考にもどうぞ。

  1. ジュニパージャズ
  2. タバコアブソリュート
  3. ブラックペッパー
  4. ロシアンレザー
  5. スエードオリス
  6. ゼラニウム ネフェルトゥム
  7. ジンジャーリリー
  8. ピンクペッパー
  9. ローザアブソリュート

以下、簡単な補足。

  • 1位が期間限定なのはすみません。やっぱり好きなので
  • 2~4位は男性なら大体好む香りだと思います。匂いの強さが中・強・小の順番
  • 5位のスエードオリスは女性寄りの香りですが、甘さが強すぎないので
  • 6位のゼラニウムは人を選びますが、好きでも嫌いでもないのでこの順位
  • 7~8位はスパイシー系。僕は少し苦手
  • 9位は完全に女性向けの香りなので

 


完全に主観ですが、特徴をまとめたマトリクス図も作ってみました。

素人感覚なので、あしからず。当然、男性寄りなものを女性が使ってもいいですし、その逆も然りです。

モルトンブラウン 9種の香りのまとめ


僕個人の解釈で好きに書かせてもらいました。

各ボトルのAmazonレビューを見てもらったら分かりますが、皆さん本当に好みが分かれています

それだけ、モルトンブラウン1本1本のクオリティが高いのだと思います。


まずはお気に入りの香りを見つけてみてください。この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

それでは。

コメント