【レビュー】アロマを始めるなら、「アロマディッシュ」が手軽でイイよ

買ってよかったもの
スポンサーリンク

手入れの必要がないし、水はいらないし、電気も使いません。最高。

 

昔イキった高校生だった頃、オシャレ気取ってアロマポットを買いました。

所要3日で飽きました。面倒でだりぃわ、これ。あと面倒だわ。

そんな僕が、アロマのある生活に舞い戻りです。果たして、歴史は繰り返すのか…?

スポンサーリンク

KUSU HANDMADE くすのきアロマディッシュ


はい、こちらが「アロマディッシュ」です。使用感あってすみません。

「ディッシュ」っていうからお皿だと思った?ブブーハズレー!正解は直円柱型に加工した木材の上 面部を浅いクレーター状に窪みを設けたもの、でしたー。

正解者はいるかなー? んんー?


サイズはこんな感じで、かなりコンパクトです。可愛い感じ。

天然木を使用しているので、これ単体でも独特な木の香りが結構します。僕は好きな香りですが、苦手な人は苦手かもしれません。

ちなみに価格も500円くらいと、かなりお手頃です。

察しの良い方はお気づきと思いますが、この上面部の浅いクレーター状に窪みを設けた部分にアロマオイルを垂らして、香りを楽しみます。

「アロマディッシュ」の使い方とか

もう↑で使い方の大部分を説明してしまいました。初歩的な構成ミス。

もうあまり書くことがないため、細かめに説明して文字数稼いでSEO対策しましょう!(ゲス)


使用したい空間にアロマディッシュを置きます。僕は、いつも寝室で使ってます。

いつの間にか下に受け皿を置いてますが、これは注意点です。オイルが木に染み込み、下から漏れることがあるそうなので、必ず受け皿を置いて使いましょう。

ちなみにこれは無印良品で売ってる小物トレーみたいなやつです。サイズがピッタリでした。


カラーも何色かあるので、部屋の雰囲気にあったものを買うのが良いと思います。

参考までに、ホワイトの受け皿とアロマディッシュの組み合わせの写真も置いておきます。


こんな感じです。
ホワイトとの組み合わせもいいですよね。


んで、お好みのアロマオイルを窪みに3〜4滴くらい垂らします。水で薄めたりせず、原油のまま使うので、濃縮された香りが発散する感じです。心地よし。

違うアロマオイルを使いたい時は、前に入れたオイルが乾ききってから入れればOKです。

 

以上で終了です。
しまった! 終わっちまった! 手軽すぎるのが逆に仇になっちまった!

使ってるアロマオイルとか

なーんてまだまだ書くことがありまーす。残念でしたーああぁちょっと待ってちょっと待って!うざいからって戻るボタン押さないで!

 

僕はアロマど素人なので、とりあえず初心者セット的なものを選ぼうと思いました。

まず、自分がどんな香りが好きかの傾向から探っていかないといけませんからね。

楽天市場のNAGOMI AROMAオイルセットは、35種類のアロマオイルの中から任意に好きなものを6本選べるセットだったので、僕はこれを買いました。安いし、オススメです。

ちなみに、今買うと「アロマストーン」も付属で付いてきます。


こんなやつ。アロマディッシュの石バージョンですね。見えにくいですが、ちゃんと凹みがあります。

なので、このアロマオイルセットを買うだけで実質アロマを始められるのですが、アロマストーンは効果の持続力とか香りの広がりがちょっとイマイチなので、やはりアロマディッシュがオススメです。まぁ、オマケですしね。

なので僕は、アロマストーンはリネン庫に置いて使ってます。バスタオルにアロマの香りがほのかに付いて気持ちいいので、意外と重宝してます。


僕は「ヴェルガモット」が一番好みの香りでした。ドンピシャです。

きつすぎない柑橘の香りの中に、ほのかな苦味を感じます。


次点で、「ラベンダー」×「オレンジスイート」の香りが好きです。柑橘系が好きな傾向。

こうやって、混ぜ合わせて使うのもアロマオイルの醍醐味ですね。自分だけのオイルを作りましょう!

「アロマディッシュ」の評判とか(2019年5月時点)

評判書くの忘れてました。てへ。

【Amazon】

カスタマーレビュー 29件

☆☆☆☆☆ 64%
☆☆☆☆  14%
☆☆☆   21%
☆☆      0%
☆       3% 平均☆4.2

評価は高いですが、レビュー数は想像以上に少ないですね。

みんなあんまり知らないのかなぁ…?

アロマディフューザーにしなかった理由

はい、これも抑えとくポイントですね。

アロマといえばまず思い浮かぶのが「アロマディフューザー」です。あの、水がウィンウィンして水蒸気みたいなの出して、いい香り撒き散らかすオシャレ番長ですね。

僕も最初はアロマディフューザーを買おうと思って色々調べていたんですがね。調べれば調べるほど、これはないだろっていう要素が出てきたんで、採用を見送りました。

 

【アロマディフューザーのデメリット一覧】

  • 加湿器と違い、ミストは蒸気ではないので空気より重く、床に落ちてきてビチョビチョになる
  • ちゃんとメンテナンスをしないと、雑菌やカビが発生する
  • 意外と音がうるさい。ジィーーーーーっていう
  • 水が必要。めんどい
  • コンセントが必要。めんどい

こんなとこでしょうか。オシャレなんですが、実用性があるかと言われると…みたいな。

とは言ってもこれはあくまで僕個人の感想です。

ミストがモクモク出てくる様子は癒やされるし、ライトアップするやつとかはキレイだし、何を重要視するかによって商品を選ぶのが一番ですね。

アロマの香り空気清浄機が吸っちゃう問題

これもよく聞く問題ですね。僕も寝室に空気清浄機を置いているので、色々調べました。

結論から言うと、これはどうしようもないです。

今の空気清浄機では、良い匂いと悪い匂いを判別する機能が基本的には付いてないので、発生した匂いは問答無用に無差別に吸い取っていきます。プログラムされた任務を無機質に遂行する殺戮マシーンです。

なので、アロマを楽しむ際は、空気清浄機はオフにしています。

「アロマディッシュ」のまとめとか

気づいたら意外とたくさん書くことがありました。めでたしめでたし。

アロマディッシュのメリット

とにかく手軽に使える。水・電気・手入れ不要

価格も500円くらいとお手頃だから、気軽に始められる

コンパクトだから、どこにでも持ち運べる

しっかり強い香りを楽しめる

アロマディッシュのデメリット

木自体に独特の香りがするので、苦手な人は苦手かも

新しい香りを使いたい時は、今のオイルが乾くまで待つ必要がある

オイルが漏れる可能性があるので、受け皿が必要

こんなところでしょうか。

そうはいっても、アロマオイルとセットでも1500円くらいなんで、アロマ始めてみよっかなーという方にはちょうどいいんじゃないですかね。

 

好きな香りを探すのって、楽しいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました