【レビュー】JBL 305P MKIIはコスパ良くて格好良いスピーカー

買ってよかったもの

モニタースピーカー界のオシャレ・オブ・ザ・イヤー間違いなし。

 

ある日、モニタースピーカーが欲しいなぁと思いました。なので、モニタースピーカーを買いました。そして、モニタースピーカーが届いたので、モニタースピーカーをレビューしようと思います。

小2を意識して文章書いてみました。

「JBL 305P MKII」


はい、というわけでこちら。

JBLの「305P MKII」です。サウンドハウスでは頻繁に値下げされてるので、2万円くらいで買えました。

2万円〜3万円台のスピーカーの中では、割と定番の一品ではないでしょうか。

JBLといえば、世界的に有名なスピーカーブランドですね。ちなみに本社はロサンゼルス。ロスの音を、北九州の我が家で奏でていきます。


本体。

艶のあるブラックがとてつもなくカッコいい。ロサンゼルスさん、ちーす!


大きさはこんな感じ。

僕の撮影技術の至らなさでどう見てもミニボトルにしか見えませんが、750mlのボトルです。

なので、割とデカいっす。


ロス氏近影。

独自のウェーブがかったような形状が、オシャレかつエッチですね。


裏側を覗くと、何だかイケないことをしてる気分になってきました。

tdk.comは「親子揃って楽しめる」がコンセプトの健全ブログなので、この辺でやめておきます。

端子とか、設定とか系部分。

いじると、どんな声を出してくれるんだい…?

 

ちょい真面目な解説ですが、端子はXLRとTRS(6.3mmフォン)の2種類です。低音・高音それぞれを段階的にカットできる機能が付いているので、環境に合わせて調整できます。


こーゆー滑り止めが8枚付いてきます。

まったく、いやらしい突起だねェ…。

 

ちょい真面目な解説ですが、僕はインシュレーターを別途買ったので、この滑り止めは使いませんでした。詳細は後述します。あと、そろそろこの文章スタイルやめたい。

「JBL 305P MKII」をセッティングするまでの道のり


こんな感じで、デスクに置きたいのです。もう完成間近ですね。楽しみだ、ふふふ。

ちなみに、置いてあるヘッドホンはCLASSIC PROのCPH7000です。5,000円以下では敵なしのモニターヘッドホンではないでしょうか。

 


で、スピーカーとパソコンを接続するためのケーブルを用意。

←が3.5mmミニプラグ、→6.35mmの2分配フォンプラグです。楽しみだ、ふふふ。

 


あれ…?

これ、分岐側のケーブルめっちゃ短いんですけど…。


これじゃ、スピーカーこの距離感でしか置けねぇわ。

だめだめ!おかしいって絶対!スピーカーの良さ滅殺しちゃってるよ!ロス氏激おこだよ!


しょうがないので、延長ケーブルを買いました。

長さは3mです。そんなにいらねぇけど、これ以上短い規格がないっぽい。サウンドハウスで1,000円くらいでした。

 


よっしゃー! イメージ通り!


ちなみに、電源オン時はスピーカー中央部のバーが光ります。

アイアンマン感。USA!USA!HAHAHA!


この部分がアイアンマンです。


このケーブル、けっこう固くてさ。

接続近くがグニィィっ!!ってなっちゃうのよ。気に入らねぇよね。まじFuck.


なので…


こう!!

Yes!We Can!

USA!USA!

SOUND HOUSEでAbout 100YENだ!

 


あと、これも買ったのよ。

インシュレーターってやつ。知ってる?


スピーカーの下に敷くことで防振されて、音の抜けとかが良くなるらしい。


敷いたぜ。

ぶっちゃけ、敷く前とちゃんと聴き比べしてないからよく分かんねぇわ。まぁおまじない的な。いつか、ちゃんとした検証記事を書こうと思います。

ただ、その「いつか」は「今」ではない。それだけだ。

 

「JBL 305P MKII」の音とか


肝心の音についてなんですが、一言で言うと解像度がめちゃめちゃ高い。

音の一粒一粒が、めっちゃクリアに聞こえてきます。耳コピとかめっちゃしやすそう。興奮してめっちゃ“めっちゃ”って言ってます。

息遣いとか雑音も鮮明に拾うので、ライブ版の曲とか聞くと目の前で演奏してる錯覚に陥る。

あと、低音が結構強い。カットしてるんですが、それでも低音が響いてくる。僕は好きだけど、純粋にモニタースピーカーとして使うと考えた場合はどうなんだろう。

 

同価格帯の定番スピーカー「YAMAHA HS5」と迷ったんですが、「JBL 305P MKII」の方が低音が効いているそうので、僕はこちらを選びました。リスニングと兼用したいので。

あとは各々の好き好き。みんな違って、みんないい。去る者追わず、来る者拒まず。それが人種のるつぼ、USA。

「JBL 305P MKII」の評判とか(2020年3月時点)

最後に評判をCheck it outだ。

【サウンドハウス】

カスタマーレビュー 15件

♪♪♪♪♪ 13件
♪♪♪♪    1件
♪♪♪     0件
♪♪      1件
♪       0件 平均☆4.7

レビュー数が少なくてあまり統計はとれてないですが、評価は非常に高いですね。「音が鮮明に聞こえる」「低音が強い」みたいなレビューがMany Manyです。

低評価のは、本体に擦り傷がついていたという初期不良系でした。

「JBL 305P MKII」のまとめとか

「JBL 305P MKII」のメリット

デザインがオシャレでかっこいい

音がめちゃくちゃ鮮明に聞こえる

低音が割と強め

 

「JBL 305P MKII」のデメリット

低音が割と強め

 

こんなとこでしょうか。「低音が強い」に関しては、人によって受け取り方が違うと思うので、両方に入れました。

スピーカーで2万円って、僕みたいな素人からしたら決して安くはありませんが、それに見合う以上の価値は「JBL 305P MKII」にはあると感じました。あと、エッチだしね。

今まではTVのスピーカーを使って満足してたんですが、「JBL 305P MKII」を聞き始めてからTVのスピーカーの音を聞くと、スカスカに感じますね。耳が肥えてしまった。あと、エッチだしね。

 

これからも、エッチな音を奏でていこうと思います。JBL並びにロサンゼルスの方々、誠にSorry.

 

The End.

コメント